スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

241年下旬前編 

 

241年下旬前編。
なんだかんだしていたら、また間が空いてしまったなあ。
しかもやはり旦那の挑戦が終わって気が抜けたのか、SSが凄く少ないw

21日。
今日はそろそろかなーということで、昼から庭園へ様子を見に。

QUKRIA_SS_0603_201402241725437ab.jpeg

おお……やっぱり。

QUKRIA_SS_0604_20140224172607ca6.jpeg

なるほどねー。
でも、ちょっと不思議な力が働いたみたい。

QUKRIA_SS_0605_2014022417263355f.jpeg

アンデル君が遺跡の滝でプロポーズだね。

QUKRIA_SS_0606_20140224172715f7a.jpeg

おめでとう!

家名調整であります。
昔猛威を振るっていたドーファンの家名は今は細々って感じでねえ。
ニコルズの方は、イフィゲニアの父の弟であるロジェが継いでいるしで、ドーファンよりある印象、正確に数えていないけれど。アンデルの兄もドーファンを継いだけど、多分その二つだけなんだよな。
というわけで、三股かけてた生意気な男が落ち着いて、残った二人はどうなるのか。

 
夕。ゼクス君がなんか変な方へ歩いて行ったから着いて行ってみたら

QUKRIA_SS_0607_20140224173052748.jpeg

えーっと……なんでこんなカルナ区の空き家に?
ここって確かしばらく誰も住んでないんじゃなかったかな……。
……なんかそう言えば昔、ネストール君がこんな感じで空き家に来てたような……。

QUKRIA_SS_0608_20140224173403f57.jpeg

「ゼクス君、こんなところで何してるの?」
「あ、ママ……うーん……確かこっちに行ったと思ったんだけど……」
「確かこっちに行った……? 何が?」
「……なんかね、探し物してるみたいだから、気になって」
「探し物……? 誰が?」
「……ヒミツ」
「ママにも秘密なの?」
「ヒミツー」
「もう……仕方のない子。もうすぐ暗くなるからあまり遅くならないように帰ってくるのよ。それとあまり、空き家に入らないようにね」
「はぁい」

一度家に帰ろうとラナンの橋を渡ったところで呼び止められた。

QUKRIA_SS_0609_20140224173727af3.jpeg

ふふふ。なんだか久しぶりにレノックスさんから誘って貰ったような気がする。
レノックスさん、試合で忙しかったものね。嬉しいな。

QUKRIA_SS_0611_20140224173952fe2.jpg

「――約束の、キス……だね」
「ふふふ、そうね。結婚する前はいつもこうしてた」
「今はもう君とキスをするのは日常の事だけれど――でも一度一度はやっぱり特別だな」
「ええ……私も、そう思うわ」

夜。

QUKRIA_SS_0613_201402241742273d1.jpg

テオドラ先輩に飲みに誘われた。
酒場の主のマリレーナ姉さまはあまり熱心に働いてないから、何もないかもと思ったのだけれど。

QUKRIA_SS_0616_2014022417431212d.jpeg

ちゃんとお酒があった!

「あ~まりれ~なねーさま、ちゃんと今日ははたらいてるんだねー」
「……ジークルーナちゃん、ちゃんとって何かしら?」
「ちゃんとちゃんとーきょうもなにもないかとおもってたー」
「まったく……酔っ払って何を言うかと思えば……生意気な妹ね。とりあえず、もっと飲んで売り上げに貢献してもらうわよ。ほらほら」
「わーい。いっぱいだー」
「ちょ……おい、溢れてるぞ、大丈夫か……」
「フフフ、この子酔っ払ってるけど、わりと強いから大丈夫よ。潰れたら別にそこに転がしておいても平気でしょうし、そのままで構わないから」
「そ、そうですか……って本当に大丈夫か……」
「まりれ~なねーさま、おかわりー」
「ちゃんと代金は貰うわよ」


22日。
市場に新しい輸入食材が入ったということだったので、のぞきに行ってみた。

QUKRIA_SS_0624_20140224174902371.jpeg

遠い遠いところにある海の国だというナルル王国からの輸入品。
ナルル王国とは国交はないのだけれど、毎年旅行者さんはいっぱいくるんだよね。その旅行者さんを通じて、品物のやりとりがされるようになったのかな。
海ってどんなものなんだろう……。

幾つか買って帰って

QUKRIA_SS_0625_2014022417503983c.jpeg
QUKRIA_SS_0626_201402241750405f7.jpeg
QUKRIA_SS_0627_20140224175042c76.jpeg
QUKRIA_SS_0628_20140224175043170.jpeg

あれこれ作ってみた。なんとなく異国の匂いがする気がする。

お料理の後は、お隣のテオドラ先輩、ジュリアさん夫妻に子供が生まれたというのでお祝いに。

QUKRIA_SS_0629_2014022417545311a.jpg

ソニアちゃん。肌の感じはお父さん似だけど、なんとなく雰囲気はお母さん似かな。
お隣さん、ゼクス君やセイス君と仲良くしてね。




23日。
この日、一つ気になることがあり、一人の女子を一日尾行してみた。

QUKRIA_SS_0635_2014022417582961b.jpeg

去年の新成人シャロン。マグダカートの女。
今年の新成人アンデルと別れた後、見事に恋人欄が空欄になった。同級生のサンチャゴとひょっとしたらと思っていたがまるっきり杞憂であった。大丈夫か……。

というわけで朝から尾行。

QUKRIA_SS_0642_20140224180016ce8.jpeg
QUKRIA_SS_0643_201402241800182c0.jpeg

勤勉性2-のわりに、働いている。

QUKRIA_SS_0644_20140224180018193.jpeg

釣りをし続け

QUKRIA_SS_0646_20140224180020e33.jpeg

釣り餌を補充して、やっぱり釣りつづけたり。

QUKRIA_SS_0647_20140224180021de8.jpeg

夜は新成人の定番酒場でうろうろ。
ところでカウンターのベルカケーキが気になる。なんでそんなものを姉……。

丸一日張り付いてみてわかった。コイツはダメだと。
未婚成人にありがちな複数回の生徒回りをすることもなかった。つまり、

もう生徒に友達がいない

まあ二つ年下になるから仕方ないこととはいえ……。
同級生やらの所にもいかないんだよねえ。まあ優柔不断(--/--/-)だからなあ。
ホント、何故、最初に付き合ってた男と別れたし……。

シャロンは父アルドヘルムが親衛隊員になったため、現在一人暮らしだ。
この尾行の時、シャロンが丁度家に帰ったところで、母ルシアンナが現れた。別居になってしまった娘を心配して顔を見に来たようで「おーい!」をして「なにしてるの?」って聞いてた。ルシアンナはいむっぽい性格。愛情深い性格ゆえ、別居になった娘が心配なんだろう……セツナイ。
ホントどうなるんだろうね。嫌な予感しかしないんだけどさ。
シズニ神官が余ってるから、接触してないかと思ったんだけど、まるでそんなことはありませんでした。無念。





夜。

QUKRIA_SS_0651_20140224180935b1c.jpeg

ミゲルさんに誘われて飲みに。
なんか今日もちゃんとマリレーナ姉さまが働いてる……。
身重だからお酒は控えた方がと言われて、今日はお酒はやめた……残念。

帰ろうとしたところで

QUKRIA_SS_0652_20140224181103fbb.jpeg

レノックスさんがテオドラ先輩と飲みに来た。
学生時代はそんなに仲良くなかったと思うんだけど、やっぱり今お隣だしねえ。

のんびり歩いて帰っていたら

QUKRIA_SS_0653_201402241813088e7.jpg

レノックスさんに追いつかれた。

「もう……すごくお酒の味と匂いがする」
「んー……ちょっとのみすぎたかなー、ははは」
「仕方のない酔っ払いさん。さあ一緒に帰りましょう」
「いやーちょっとこれをぼくじょーでうってかえりたいなー」
「ええ……もうじゃあ一緒に行くから」
「じーくるーなちゃんは、からだひやしたらだめだから、かえりなさい。僕はだいじょーぶ」
「本当に……? 気を付けてよ?」
「わかったよ」

なーんてやってたんだけれど、私とお食事したミゲルさんが

QUKRIA_SS_0655_20140224181348e0c.jpeg

!! もー酔っ払いなんだから!
ミゲルさんもミゲルさんよ……まったく……。


24日。

QUKRIA_SS_0659_2014022418185013b.jpeg

「なんで走るのかなー? 僕あんまり走るの好きじゃない……」
「ゼクス君はどちらかというと、のんびりしてるからね」
「ふふふ。ぼちぼち頑張ればいいのよ。多分歩いて戻っても間に合うし」
「ははは。確かにそうかもしれないけれど――ジークルーナちゃんは一番だったことがあるじゃないか」
「! ママ一番になったの?」
「そうね。二年生の頃に。あの時は母さまに誉めて欲しかったから」
「ママのお母さん? ……セリーナばあば、へいかーだった」
「ええ。一番になると王様が誉めてくれるのよ」
「へえ。……ママが……一番……」
「ぼくもがっこーいったら、ママみたいにいちばんになりたいなー」
「よし、セイス君もご飯をいっぱい食べて、力をつけるんだよ。そうすればきっと一番になれる」
「うん!」

ダロスの早駆け。

QUKRIA_SS_0662_20140224182549314.jpeg

ヴィクトール兄さまの挨拶。
ヴィクトール兄さまが挨拶するダロスの早駆けを見るのははじめてだなあ。

そして恒例のヤツは

QUKRIA_SS_0663_20140224183054337.jpeg

やっぱりするんですね……。本当に伝統なんだ……。
新入生の子たちは「は、はい!」「……わ、かりました!」とか言ってる。ふふふ。

なんとなく走る子供たちの列を後ろから眺めながら歩いていたら

QUKRIA_SS_0664_20140224183154236.jpeg

ゼクス君が軽やかに花畑から駆け出てきた。
……なんか先頭のような気がするなあって思っていたら。

QUKRIA_SS_0666_2014022511545822f.jpg

! ゼクス君が一番! 凄いじゃない……まだ一年生なのに。

QUKRIA_SS_0669_20140224183729511.jpg

本当に凄い……よく頑張ったね。

QUKRIA_SS_0671_2014022418380741f.jpeg

ヴィクトール兄さまに誉めてもらうゼクス君。
ふふふ、なんかちょっと誇らしい……かな。

QUKRIA_SS_0676_2014022418392453d.jpg

「おつかれさま、ゼクス君。凄いじゃない」
「ママ! 僕一番だよ!」
「ええ。見てたわよ……ふふふ、走るのあんまり好きじゃないって言ってたのに」
「……ママが一番だったっていうから……僕もって」
「あら――ふふふ、そうなのね。本当に凄い、素敵だったわよ」
「すてき……ほんとう?」
「ええ。一年生で一番なんて、素敵だしカッコいいわ」
「えへへ……」
「本当に、おつかれさま。頑張って疲れたでしょうから、なるべく早くお家に帰ってくるのよ」
「はーい」

QUKRIA_SS_0677_2014022418442338b.jpg

「あ、ヴィクトール兄さま」
「お前の息子、凄いじゃないか。まだ一年生だろう?」
「ええ。本当に私もびっくり」
「確かお前もこども大将になったことあるよな。その血を引いたか?」
「私は二年生だったし、私より凄いわよ」
「ははは。親馬鹿だな」


本当に花畑から出て来たとき、あーなんか一番に出て来たんじゃねとは思っていたのだが、一等賞になってるとは思わなんだ。びっくりしたし、嬉しかった。
歴代こども大将とってる子供は何人目だっけか……5代目セラとひょっとしたらゼクスだけかな……。
後で真面目に振り返ってみよう……。



夜。

QUKRIA_SS_0678_20140224193940379.jpg

「活発な子だといい。こども大将になったゼクス君みたいに」
「ええ、本当ね。元気にのびのび育ってくれたらいい」
「早く会いたいな――」
「もうすぐよ。もうすぐ会える」
「うん――」


25日。

QUKRIA_SS_0681_20140224194326c00.jpeg

今はご近所の、レノックスさんの一番上のお兄さん……。

今日は

QUKRIA_SS_0682_201402241951067e4.jpg

レノックスさんのお誕生日なんだけれど。
ご飯もそこそこに、レノックスさんはお兄さんの下へ出かけて行った。

QUKRIA_SS_0686.jpg

テオドラ義兄さまが奥様を亡くされたのはもう随分と前。
忘れ形見のヤン君は今年奥さんを貰った。やっと安心して、奥さまのところに行けるんだ。

QUKRIA_SS_0689_201402241955124bd.jpg

喪主は長女のナタリーさん。
ナタリーさんは、亡きお母さんの血を引いたのか、今は若き闘士。
まあ……もうちょっと力以外も鍛えた方が良いと思うんだけど……。

夜。

QUKRIA_SS_0693_20140224195620345.jpeg

マドック君と飲みに。
なんだかもう品物がなくなってるのが気になるけど、マリレーナ姉さまは一応働いているらしい。
これからも頑張ってくれるといいんだけど……。





また少し間が空いたわけですが。
別にナルルをずっとやってるわけでもないんですよねえ。
ナルルは結局恋人になった相手と結婚したところで満足して止まっておりますw
とりあえずはのんびりやっていこうかなと。

拍手でコメントありがとうございます。
そういえばなんか男しか生まれないバグがあったと聞いたことがありました。
ナルルはなんだかハードモードだったのですね……。
色々組織やらなんやらククリアに比べて複雑で、確かにやりがいもありそうです。
果たして実績すべて埋めるのにどれだけかかるのだろうw
私はククリア程続けてやるかは疑問ですが、のんびりゆっくり進めて行きたいと思ってます。

最初の前置きでも書いたけれど、旦那の挑戦が終わって気持ち的に一段落してしまった感。
とりあえず241年終わらせたいんだけど、なかなかプレイにたどり着かない。
他の何かをしてるわけでもなく、何に対してもエンジンがかからないという時期に陥っているので……。またしばらく間が空く可能性もあるのかも……。いや、でもせめて241年終えて、ナルル小記事あげたいなあ。ナルル小記事は結婚相手になんだかんだ恋愛の時に萌えたので、書いておきたい。

余談。

QUKRIA_SS_0688_2014022420054598d.jpeg

もうバージョンアップしないのかな……。

category: 10代目ジークルーナ プレイ日記

thread: ワールドネバーランドシリーズ - janre: ゲーム

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

ゼクスくんおめでとう☆

ナインさん、こんばんは!お久しぶりですー

ゼクスくん、ダロスの早駆け1等賞おめでとうございます☆
こんなにたくさん学生さんがいるのに、スゴイね!
NPC子供が一番になると、感動しちゃいますよね。

シャロンさんに良い出会いがありますよう、お祈りします。
23日のにぎやかな酒場にもいらっしゃるみたいだし、うまく巡り合えますように☆ミ

あと、まだ記事が少ないのですがククリアブログを作ったので、リンクさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?

ナインさんのナルル生活の記事も、楽しみにしています。

きえり #Qk8qPO.6 | URL | 2014/02/25 19:29 | edit

こんばんはーお久しぶりです。

ダロス一等賞には本当にびっくりしました、ありがとうございます。
こればっかりは操作してどうにかできる範囲を越えていることですからねえ。なかなかに嬉しいものです。

シャロンは……シャロンは……もう不安しかありません……。

おお、ブログ開設おめでとうございます!
リンクの方、どうぞよろしくお願いいたします。こちらからもリンクの方貼らせていただきました。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

ナイン #pOpqBC3. | URL | 2014/02/26 00:42 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。