スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

240年上旬後編 

 

240年上旬後編。
今年の新成人はわりと錯綜している。

6日。

QUKRIA_SS_0672_20130902224904017.jpg

今日はゼクス君のお誕生日。

「ゼクス君も二歳になったんだね」
「起き上がってからもう一年……大きくなるの、早いわねえ」
「ぼく、パパみたいにおっきくなれるかな?」
「いっぱい食べて、元気に遊べばなれると思うよ」
「そうね。私も背は低い方じゃないし、父さまも兄さまも皆どちらかというと高いから」
「僕の家の方も皆高いからなあ。血筋的には多分、ゼクス君も大きくなれるだろうな」
「ちすじ……ってよくわかんないけど、おっきくなれるのはうれしい」
「ふふふ。ご飯いっぱい食べるのよ――好き嫌いしないでね」
「……ボマロもたべなきゃダメ?」
「好き嫌いしないで、食べないとだよ」
「ちゃんと食べやすいようにお料理してあげるから、頑張りなさい」
「……はぁい」
 
QUKRIA_SS_0675.jpg

ゼクス君を見ていると、父さまを思い出す。大きくなるにつれて、どんどん父さまに似ていくんじゃないかと思う。
そしてレノックスさん譲りの青い瞳と白い肌。優しくておとなしい性格もレノックスさんに似ている気がする。

お隣のテオドラ先輩の娘ちゃんに声をかけたら

QUKRIA_SS_0677_2013090223034482f.jpg

あら……挨拶が変わってる。
挨拶が変わるのは、三日の円卓会議が関係してるって母さまが言ってた気がするから、三日に変わったんだね。


218年セリーナ入学の年に「オース!」になった挨拶が「いむいむ~!」に変化。
危篤とは関係がないので、おそらく魔獣退治でもあったのかねえ。どの戦士長が担当だったか知らんけど。



危篤の知らせが来ていたのでお見舞いへ。

QUKRIA_SS_0678_20130902231519543.jpg

エビー大おばさま……やっぱりジェイラスさんを追いかけて逝く……。
白髪になるまで一緒だったお二人だもの。離れていたくないよね……。きっとジェイラスさんが待ってる。

出産の知らせも来ていたのでお祝いに。

QUKRIA_SS_0682_20130902232304708.jpg

マリア・ホセちゃん。最近こんな感じの名前のコが増えてる気がする?
アンナ・リサさん、ロサ・マリアちゃん、トマ・ルイ君。

夕からの葬儀へ行こうと高台の道へ入ったら

QUKRIA_SS_0685_20130902232717951.jpeg

5日に亡くなったレイ魔導師長さんの後継として魔導師に任命された姉さまとばったり。

「遠慮しとく……これから葬儀だし、もう私と手合せする必要もないじゃない、姉さま」
「一度本気でやってみたいなーって。だってジークルーナちゃん、私と手合せした時本気出したことないでしょう?」
「そ、そりゃそうだよ……技教えるのが目的だったんだもの」
「だからやってみたいなーって」
「また今度時間がある時にね……」
「絶対よ?」
「う、うん……」


システィーナはセリーナの心の数値209を継いでいる。まだ上がりきっていないが、上がりきらない時点で選ばれた。セリーナの心の数値は実はウィリーから継いでいるということに、この日亡くなったエビーのステータスを見ていて気付いた。
ウィリーは209まで上がりきらないまま導かれたが……。
セリーナの209の数値欲しかったなあ。現状姉二人が受け継いだようだ。フリオニールはまだ不明。兄王ヴィクトールはマクシムの189をそのまま継いでしまい、速さ、心と奥義を持てない数値であった……。



エビー大おばさまの葬儀。

QUKRIA_SS_0687_20130902235926a6e.jpg

大おばさまは兄妹いらっしゃらないし、ご長男はアスター神官様。
喪主は何故か今日子供が生まれたロニー君。……親しかったのかな?


白髪夫婦ジェイラス・エビー夫妻が二人とも導かれた。26歳には到達せず。
それにしてもこの喪主の仕様が意味がわからないんだよなあ。まるっきり血の繋がりないんだが。
次男が喪主でもいいじゃないか……。



葬儀の後、のんびりお家に帰る途中で

QUKRIA_SS_0689_20130903001404b49.jpeg

レノックスさんが迎えに来てくれて、デートに誘ってくれた。


7日。

QUKRIA_SS_0695_20130903001954713.jpeg

朝からトーマス君とレニーちゃんが連れ立って東へ……これは……。

QUKRIA_SS_0696_2013090300202537d.jpeg

プロポーズ! おめでとう!

だけど今日……。

QUKRIA_SS_0697_20130903002200efc.jpg

トーマス君のお父さん、ランスさんが危篤。
去年亡くなられたドリスさんを追いかけて逝く。今日トーマス君が婚約したことを報告できる……。
本当は、結婚するところを見たかっただろうけれど。

昼からデート。

QUKRIA_SS_0705_20130903004004049.jpg

「君と結婚して、子供が出来て。毎日すてきな物語が続いている」
「一日一日子供が大きくなっていくように、幸せも大きくなってる感じね」
「うん――本当にそうだ。これからも僕とジークルーナちゃんと、ゼクス君と、セイス君と。家族四人で幸せを大きくしていこう」
「ええ。もちろん」

夕から葬儀へ。

QUKRIA_SS_0706_20130903081249a6c.jpg

喪主は長女のアンナ・リサさん。
レノックスさんも来ている。子供の頃闘士の家で育ってるから、ご近所さんで可愛がって貰ってたのかもしれない。


我が国で最も因縁を持つ名前である、ランス・ドリス夫妻が導かれた。
この二人は夫婦ともに普通の生活を送っていたが、子供が二人とも神職になってしまうという結局名前の呪いが凄まじいということをまざまざと見せつけてくれた。
Ver3.0になり名前が被らなくなった結果、見たことのある名前が出てくることがほとんどなくなった。
この後、ランス、ドリスが生まれてくるのがいつになるか。どちらかが生まれてきたら、また近い世代でもう一方が生まれてきたりするんだろうか……。



夜。
お家に帰ったら

QUKRIA_SS_0708_20130903081415b3f.jpeg

ゼクス君がセイス君にミルクをあげてくれていた。
ふふふ。優しいお兄ちゃんだね。


8日。
収穫祭。

QUKRIA_SS_0711_20130903083923df3.jpeg

今年の劇の配役はこんな感じらしい。
マドック君がダロスでレニーちゃんがリアナなんだ……。レニーちゃんはマドック君が好きだった。結局一度も出かけてもらえなかったみたいだけど……複雑。
ラタンとアルマは恋人同士だから、あのセリフも問題なく聞けるね。


この劇の配役の肝は失恋王と人気者だ。
失恋王アレクシスは、昨年同級生のジュリアンが亡くなった為、この役に就くことになったのだが、アレクシスはそのジュリアンと付き合っていておそらく別れている。その失恋1回だ。
ジュリアンはおそらくパウ三号とも別れていると思うのだがそれはわからずじまい。パウ三号の方がアレクシスより誕生日が早いので、もし本当に彼女と別れていればパウ三号がバグウェルになるところだったのだが、アスター神官になった為華麗に回避。アレクシスちょっと不幸。
そして、そのジュリアンの旦那が人気者のメルである。
228年兄王ヴィクトールの同級生たちの恋愛は微妙に荒れていた。そんな中お気楽マイペースにエッタの本命欄を掴んで離さなかった兄王。フリオニールと言い実は男前なんじゃないか?



劇は見ても良かったんだけど今日は私はフェリスさんと約束があるし……と思っていたんだけど。

QUKRIA_SS_0712_20130903083905eac.jpeg

フェリスさんが劇を見に行っていてすっぽかされちゃった。そんな気はしてたからいいんだけどね……。

その後、丁度劇が終わったところの劇場前を通ったら。

QUKRIA_SS_0714_20130903090734e87.jpeg

!? 父さま……?

「あ。ママに似てる」
「ママ? ……! 姉さまのところの……ヘリナ君?」
「うん! ……わかった! ジークルーナちゃんだ」
「ええ。そうよ。あなたのお母さんの妹よ」
「ホントにママに似てる~」
「よく言われるわ。そういえば――今日お誕生日なのよね。おめでとう」
「ありがとう!」

ヘリナ君の笑顔は、本当に父さまに似てる。
多分ゼクス君より父さまに似てるんじゃないかな……。


また! 言霊の念が勝った……! なんなんだいったい! 大歓喜であります。
もうメロメロです結婚したいです……。しかも髪形普通か……。ゼクスと同じでゼクスの髪形を変えようかちょっと迷っている。マクシムと同じおまかせにしようかなあ。どうしようかな。
6a男子はこのタイプの口の方が好きなんだよねえ……。だってマクシムとロブと同じなんだもん。もちろん敢えて言うならっていうくらいで、どっちも好きなんだけどね!
これで6aは男子3名、女子3名の6名に。全員身内だけどな!



夕。

QUKRIA_SS_0718_20130903091916b87.jpeg

今日も訓練を頑張ってたらしい、レノックスさんに呼び止められて、キスを一度。
せっかくなので

QUKRIA_SS_0719_2013090309202425e.jpg

明日の約束をしちゃう。

「今の内に、レノックスさんの明日の時間は私が貰っちゃう」
「ははは。もちろん明日はジークルーナちゃんと一緒にいるよ。後で誘おうと思ってたんだけど」
「でも訓練頑張ってたら、疲れて寝ちゃうかもしれないもの」
「去年そうだったからなあ」
「だから、今の内に、ね」
「うん。明日は僕たちにとって一番大切な日だ。のんびりしようね」
「ええ」

そしてレノックスさんは。

QUKRIA_SS_0720_20130903092352a00.jpeg

友達がいるところで迫ってきた……。
そそくさと苦笑いで皆帰って行ったけど……レノックスさんてば……。


9日。

QUKRIA_SS_0721_20130903095422afb.jpg

「もう十歳なのよねえ……早いなあ」
「成人して四年か」
「早いわよ。こんなに早いと、壮年もすぐそこって感じがする……」
「成人してから今までと同じだけの時間が経つと……だね」
「早い早すぎるわ」
「ははは。でも前にも言ったけど、ジークルーナちゃんは幾つになっても綺麗だよ」
「ママ、いつもきれい」
「――ありがとう。嬉しいわ」

危篤の知らせが来ていたのでお見舞いへ。

QUKRIA_SS_0725_20130903095904ab5.jpg

ラインヒルデさん……去年旦那さんを亡くされて、今追いかけて逝く。
旦那さんもラインヒルデさんもまだお若いのに……。

昼からのデートで庭園に行ったら。

QUKRIA_SS_0733_20130903100033d42.jpeg

新成人のカリナちゃん……えーっと、従姉のジェマさんの娘さんだね……と、親衛隊の家のルディ君がデートに出かけるところを見かける。
今年の新成人は、人数多くて色々大変そうなんだよね……。

デートはラナンの橋へ。

QUKRIA_SS_0737_20130903100221f96.jpeg

「朝も言ったけれど、ジークルーナちゃんはいつまでも何歳になっても綺麗に決まってるよ」
「もう……そんなこと言って……。誰だって年齢には勝てないわよ?」
「でもジークルーナちゃんは、あれこれ気を遣ってるでしょう。お手入れとか」
「ま、まあ、それなりには……。母さまが言ってたこと、実践してるだけだけど」
「女王陛下も幾つになっても綺麗な方だったなあ。やっぱり見た目にも気を遣ってらしたんだね」
「女王として国民の前に立つことになるから、見苦しいところは見せられないって。まあそれ以上に、父さまに綺麗な自分を見てもらいたいって思ってたからなんだと思うんだけど。父さまは父さまで、いつでも本気で母さまのこと褒めるから、それに応えたいって」
「なるほど――本当に素敵なご夫婦だったんだな」
「うん……。わ、私も頑張ろうと思ってるけどね……あなたの為に」
「ふふっ――嬉しいな」

QUKRIA_SS_0741_20130903162605073.jpeg

「これから先もずっと、あなたが綺麗って言ってくれるように頑張るから」
「普通にしてても、君はずっと綺麗だと思うけれど、ね」

QUKRIA_SS_0743_20130903163718628.jpg

「三回目ね。もう三回目、まだ三回目……って毎年言ってるわね」
「そうだね。でもこれでやっと、子供の頃一緒にいた時間と同じだけの時間が経ったんだな」
「そういえばそうね。学生時代の三年間。そして大人になって結婚してからの三年間」
「子供の頃も、今も、君と一緒で幸せだよ」
「私もだわ」

夕から葬儀へ。

QUKRIA_SS_0745_201309031641436d1.jpg

喪主は一人息子のイサーク君。
イサーク君とは子供の頃仲良かったけれど、大人になって疎遠になっちゃったんだよね。
今も顔を合わせれば、軽く話すくらいはするんだけど。

夜。

QUKRIA_SS_0750_20130903164238b26.jpeg

ベアトリスさんに誘われて飲みに。
気持ちよく酔っ払って、さあ解散というところで

QUKRIA_SS_0751_20130903164313433.jpeg

お誕生日を祝ってくれた。……不意打ちで驚いたけど、嬉しいな。


酒場で飲み終わった後たまにいきなりそのまま座った状態で会話してくることあるよね。
夕刻に飲みに行こうって会話した場合のみだと思うのだが。
この不意討ちはちょっとやられた。ときめいた。



10日。
ここのところずっと気になってる二人がいるので、尾行してみた。

QUKRIA_SS_0758_20130903164538376.jpeg

マドック君とカルナの乙女様は、もう付き合って長い。
アスター神官だったマドック君はこちらに還ってきてもう一年以上。
ナタリアちゃんが還って来ない影響が、あちこちに出てるみたいなんだけど……。

そんなわけで、カルナの乙女様の様子を伺っていたら。

QUKRIA_SS_0759_20130903165146eda.jpeg

!!

QUKRIA_SS_0760_201309031652153ad.jpeg

ナタリアちゃんが

QUKRIA_SS_0761_20130903165237a8f.jpeg

還ってきた……! やっと……マドック君と幸せになれる。
で、でも。

QUKRIA_SS_0762_201309031654393c0.jpg

アイラちゃんも凄く心配……。
全然同級生と付き合ったりもせず、トーマス君と口約束だけかわしたけれど当然出かけることもなく、別れたと思ったら今度はマドック君……また失恋決定じゃ……。
大丈夫かなあ……。


求道者な乙女→享楽的な乙女とか不安で仕方ないよね……。
シズニ神官が残っているのでどうにかなってくれればと思うのだが……今年の新成人と絡み合っていく。






というわけで、またちょいと間があいたのだが……。
テンションがあがらないままの時間が続いている……。

今年は新成人が人数多くて錯綜気味なので、久々に関係整理をしてみる。

240s.png

従姉ジェマ(セリーナの妹リアーナの娘)の長女カリナのモテモテっぷり……。
しなやかな魅力(-/+/++)のお嬢さんとかまあもう言葉通り魅力的だよね……。優しくておしとやかなイメージだもんな。そしてカワイイカワイイ4bちゃん。ククリア民は美醜で選んでないと思うけれど。
カリナはこの時点でサンチャゴが本命だが、ルディ相手に二段階先導してるんだよなあ。意外に決めたいコなのか。
そんなことより問題は、左のさ……優柔不断(--/--/-)なシャロンと、奥ゆかしい(--/+/++)バルミロだよ……。このSSとるときにシャロンの本命欄が空欄で、あれ? と思ったんだ。年始に話した時、本命欄に名前入ってなかったっけって。この記録をつけるにあたって改めて年始3日夜のデータをロードしてみたら、シャロンの本命欄にはバルミロの名前が入ってたよ……。会話でさらっと別れやがった。
この二人に関しては、どうして別れちゃいましたかって言いたくなる状態になっていくのだが……。
グレタとギデオンは、グレタがシスティーナの娘、ギデオンがヴィクトールの息子なので従姉弟同士。従姉弟はまあ、それなりに仲良くなるよね。

さすがに人数が多いので素晴らしく錯綜しているようだ。
この後は久しぶりに新成人追跡の記事になるのかなー。もうプレイしたのだいぶ前なので記憶が定かでないので、そんなに追跡してないのかもしれないのだがw

それにしてもやーっとカルナの乙女が還ってきた……。このタイミングになったのは危篤が続いてたせいなのかなあ。さすがに危篤がある日にカルナの乙女は還俗できないみたいだしな。
カルナの乙女だったナタリアの還俗後の家は、なんと恋人マドックの家の隣である……システムたまに恐ろしい。
新カルナの乙女に関してはもう心配でしょうがないが……。

category: 10代目ジークルーナ プレイ日記

thread: ワールドネバーランドシリーズ - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。