スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

239年中旬後編 

 

239年中旬後編。
いつもの日常。

16日。

QUKRIA_SS_0291_2013081908380959a.jpeg

朝からレノックスさんが闘技場へ入って行ったので見物。
コールドランスとギガストライク覚えられると思うんだよねえ。だから教えてあげたいんだけど。
というわけでメンチュちゃんとの練習試合が終わったところで捕まえた。

QUKRIA_SS_0292_201308190840284f1.jpeg

「私とも、しない? 技、幾つか覚えられるようになったでしょう?」
「ああ。お願いしようかな。コールドランスは多分使えるようになったから――」
「あら。今の試合で? メンチュちゃん使ってなかったわよね」
「多分、出来ると思う。なんとなくコツみたいなものはわかったから」
「ふふふ。そうなんだ。じゃあ、ギガストライク?」
「うん。よろしく」
「まかせて」

前々から折に触れ技の取得条件に付いて書いてるが改めて。
三段目(コールドランス・ヴォルトラッシュ・サンダーフレア)は、該当ステ150以上かつ他2ステ100以上
奥義は該当ステ190以上かつ他2ステ160以上
ただし練習試合で自分で閃く場合は、他2ステの条件を満たさなくても取得できることもある。
※自分で閃く場合というのは、PCが技連打でやってやっても覚える可能性は物凄く極めて低いということである。
※また伝授イベントではなく、奥義を試合で閃くこともある模様。
 
QUKRIA_SS_0294_20130819084720f50.jpeg

というわけでギガストライクを連打してあげて

QUKRIA_SS_0295_20130819084925d9e.jpeg

任務完了。コールドランスがあれば選抜戦でもいい線いくんじゃないかなー。

夕。

QUKRIA_SS_0299_201308190851329c1.jpg

「南の塔?」
「ああ。気分転換に」
「ふーん。じゃあ、私もいこっかな」
「――何故」
「気分転換に。ダメ?」
「――別に、構わんが」
「ふふっ」

QUKRIA_SS_0300_20130819085328c44.jpeg

「この国は」
「うん」
「広いようで狭いんだなと、ここに来ると思う」
「そうだねえ。両手ひろげて収まるくらいな感じだね」
「でも、ここに俺もお前も含めた、大勢の国民がいるんだ。王は――それを守らないといけない」
「――両手広げて収まるくらいなんだから、そんなに気負わなくても大丈夫だよ」
「ククッ――そういうものかな」
「そういうものだよ。ネストール君なら大丈夫。側にバーバラさんも、グルナラちゃんもいる。一応私もいるしね」
「一応なのか」
「私はあんまりアテにならないと思うよ? 毎日なんとなく暮らしてるし」
「そうは言っても、せっかくいるんだから、その時にはアテにさせてもらう」
「えー……」

夜。

QUKRIA_SS_0302_20130819090117592.jpeg
QUKRIA_SS_0303_20130819090118f0e.jpeg
QUKRIA_SS_0304_20130819090119def.jpeg

レノックスさんとゼクス君が、楽しそうにしてる。


17日。

QUKRIA_SS_0305.jpg

危篤の知らせがきていたのでお見舞いに。
花畑のお屋敷に暮らしているジェマさん……。まだお若いのに……。


第二子を授からない夫婦だったので、これは想定通りの結果。
気づいたら花畑のお屋敷を買っていたジェマ。金の出所がわかんないんだよねえ……。
称号見れば一目瞭然だが、まとまった金が入る出来事には関わってないし、普段も働いてすらいない。それがある日突然気づいたら花畑のお屋敷に住んでた。
小さな子供がいたので、3代目ニコが植えてから長年咲き続けていた花は遂に抜かれてしまった。



QUKRIA_SS_0308_201308191019160d3.jpeg

ベアトリスさんに散歩に誘われた。
うん。たまにはいいかな。友達とのお散歩も。

夕から葬儀へ。

QUKRIA_SS_0310_20130819152021330.jpg

喪主は一人息子のガイア先輩。


18日。

QUKRIA_SS_0315_2013081915542584e.jpg

「ふふふ。別に怖いことはないわよ。普通と変わらない」
「でもなんかおっきいし、王さまもちょっとこわそう」
「あはは。ヴィクトール兄さま、確かに年取ってから、ちょっと骨張って怖い感じよねー」
「ふふっ。お義兄さんもジークルーナちゃんにかかったら形無しだな」
「? 王さまおにいさん?」
「そう言えば、改めて話してなかったね。ジークルーナちゃんのお家の事」
「そうだったわね――今の王さまが私のお兄さんで、前の王さまが、私のお母さんだったのよ」
「ゼクス君のお祖母さんは、女王さまだったんだ」
「へえ……。じゃあ、ママはお城に住んでたの?」
「ええ、そうよ」
「……こわくないの?」
「怖くないわよ。“普段は”」
「――普段は? ……なんかあるの?」
「――ちょっとね」

食後ベアトリスさんと散歩へ。

QUKRIA_SS_0321_20130819160322eb8.jpeg

なんかベアトリスさんが物凄く本気で言ってるのが伝わってくる……。

子供が生まれたという知らせが来ていたのでお祝いに。

QUKRIA_SS_0325_201308191731254bd.jpg

グレースちゃん。大人しそうなコだけど、なんかちょっと不思議な雰囲気が。


エナの子が消えたと思ったら、アスターの剣が復活。
確認したら二人とも昔アスターの剣に守られてたドーファンの家に繋がってた。
資質はまあ出てきてもすぐ消えるんだけどな。



QUKRIA_SS_0329_201308191734116e9.jpeg

ヴィクトール兄さまは頑張ってる。
昔はそんなに走ってる姿を見たことが無いんだけど、最近はよく駆けずり回ってる。
やっぱりヴィクトール兄さまも、母さまの子供だってことだよね。


お気楽さん(-/--/-)で積極性も勤勉性もないのだが、よく駆けているのを見る。
国王と言うのはそういうものなのだろうかw
でもなんか国王服姿が駆け抜けていくのを見るのは安心もする。



19日。
朝から新成人の確認を。

QUKRIA_SS_0336_2013081917393386f.jpeg

トマ・ルイ君とアレットちゃんは順調っぽいね。

QUKRIA_SS_0338_20130819174102322.jpeg

レニーちゃんとアスター神官様も順調っぽい。

QUKRIA_SS_0339_20130819174132110.jpeg
QUKRIA_SS_0340_20130819174134ef8.jpeg

おお。サム君とケイちゃんも順調……!


トマ・ルイ&アレット、サム&ケイともに先導の状況を確認したところもう完全にロックがかかっていた……。
既に結婚した2名と言い、なんとういう平和な学年なのか。
そんな中。



QUKRIA_SS_0342_20130819174528988.jpeg

もう一人の新成人のアイラちゃんは、相変わらずマイペースにお仕事中。
大丈夫かな……いやまあ誰かとお付き合いするだけが人生じゃないとは思うけど。

今日は勇者決定戦の決勝なので、見にいってみた。

QUKRIA_SS_0346.jpg

隊長師長対決だね。レイ師長には学校でお世話になったなあ。レニーちゃんのお父さん。
結果は、

QUKRIA_SS_0347_201308191749574c7.jpeg

見ごたえのあるいい試合だった。どちらが勝ってもおかしくない試合だったね。


20日。

QUKRIA_SS_0358_201308191750565d3.jpeg

朝食後、レノックスさんにデートに誘われる。
最近休日は訓練を頑張って、翌日にデートという感じになってるね。

なんとなく闘技場に行ったら姉さまと出くわした。

QUKRIA_SS_0359_20130819175245575.jpg

「あら。ちょうどいいところに」
「はっ! ……つ、続き?」
「その通り。良いわよね? もう私も妊婦じゃないし」
「う、うん、わかった」

QUKRIA_SS_0361_20130819175415dee.jpeg

ヴォルトラッシュ連打してあげて。

QUKRIA_SS_0363_20130819175438c1d.jpeg

おかわりして。

QUKRIA_SS_0364_20130819175502510.jpeg

サンダーフレア連打してあげて。

QUKRIA_SS_0365_201308191755212b2.jpeg

任務完了! 姉さまは大層ご機嫌だった。
奥義はまあ、後で誰かにお願いしてください。

夜はソルのともしび。

QUKRIA_SS_0366_20130819175647845.jpeg

ヴィクトール兄さまもカッコいいよねえ。渋いというか……。
母さまとは違った雰囲気だけど、こういう場に映える気がする。

QUKRIA_SS_0368_2013081917574047b.jpeg

皆の願いが、とどきますように――





本当に特に何もしていない記録になっている。何もしないプレイ万歳。
というか恋愛追跡とかの必要もないくらい、ガッチリカップルで固定されてる新成人がね……。
そりゃー年内に結婚するカップルも出てくるよね。全然見た目よそ見してないんだもん……。
7人って少なくはないから普段なら余裕で錯綜するのになあ。まあ前の年の先輩も既にまとまってるからってのもあるんだろうけどね……。
微妙に売れ残った風のレニーとアスター神官トーマスも結局初周通りまとまる見通しに。時間はかかったけど。これに関しては、後々遅れたことが申し訳ないなと思うことになるのだが……。

プレイが既に1年以上先に進んでいるので、ちょっとさっさと記録との誤差を埋めたいのだがw
なんかついついプレイしちゃうというモードに久しぶりになってるんだよなー。たまに巡ってくるんだけど。
まあこれ以上差を開けないようにしたいところ。

category: 10代目ジークルーナ プレイ日記

thread: ワールドネバーランドシリーズ - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。