スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

238年中旬前編 

 

238年中旬前編の記録の前に。
まずは初回の237年との大きな違い――ということで、無事今回はシステムが正常に動いてくれたので、二度目のデータでいくことになりましたと。

237年に起きた大きな違いは

QUKRIA_SS_0568_20130805084908375.jpeg

このSSで重要なのはデートの約束をしているラブラブ夫婦ではない。
水飲み場の近くにいるアスター神官だ。

QUKRIA_SS_0396_20130805085205e12.jpeg

このSS自体は初回のものだが、二周目を開始した237年11日早々にマドックはアスター神官マンフレッドに捕まり、神官を投げられた。
結果、恋愛状況が変化した。
 
237s3.png

本来こうなって、下2名が余るはずだったのだが、マドックがアスター神官になってしまったために一匹狼(-/-/--)という積極性も優しさもない性格のレニエでは神職恋愛が進むはずもなく、結果、レニエは238年後半にロニーと、そしてマドックがナタリアとくっつくことになった。
ナタリアはさすがの求道者乙女で絶賛初周は残り続けていたところ、今回は早くも還俗決意までいっているのだが……そこがまた悩ましく。
実はロニーは同じように残っていたイスカの乙女と初周は恋愛を進行させ、239年早々にまとまるところだった。まとまるところだったのだが、レニエとくっついちゃったからねえ……。イスカの乙女は絶賛売れ残りである。
それとカルナの乙女が残っていてくれた方が、可能性として残り続けているシズニ神官と時間はかかってもくっついたのではないかと思われたからだ。その可能性がなくなった。
その上、初周238年新成人6名は2名同士すっきりまとまったのが、マドックとレニエが残っていたことで一部が多大な影響をこうむった。
そんなこんな新成人の恋愛状況の変化は本当に悩ましい感じになってしまったと。

237年新成人で触れてない部分は、前回と同じようにくっついている。
同級生ベアトリスも無事にジェリーとくっつき、カルナの乙女をナタリアに投げた。即投げなかったので、238年になっちゃうのかなと思っていたら、ある日突然……。
その日、ベアトリスの顔を見ようとカルナの塔2Fにエリアチェンジしたら、した瞬間に、

QUKRIA_SS_0563_20130805101248322.jpeg

「元気~?」とカルナの乙女だと思っていた人に声をかけられて超ビビるという……。
一番保持したいと思った部分は保持できたので良かったんだけどね。

まあ新成人にも幸せになって欲しいし、売れ残ってる神職は売れ残らない可能性があった方が良かったけれど、基本的には自分と自分の家族が一番だからな。
初周に起きたことはすっぱり忘れて、二周目のデータで行く。そもそもがシステムがポンコツだったせいだ。

そしてもう一人システムがポンコツだったせいで影響を受けた人が。

QUKRIA_SS_0591_201308050948176f8.jpg

アスター神官マンフレッド。彼は初周は238年新成人に引き継ぎを行っている。そして、239年5日、我が家のアインス顔判明日に導かれた。
しかし二周目においては237年11日に引き継ぎを行い、なんと238年3日に導かれている。
1年も寿命が縮んだの……? アスターの愛的なあれで延命してたの……?
彼が3日に亡くなったことで本来3日に亡くなるはずだった人は5日に亡くなることになったが、その他の危篤日はまったく変化しなかった。だから多分神職的な守りか何かがあったのだろう――ということは神職のまま亡くなるのはよっぽどのことだということになるな……。

以上が237年中にアスター神官が引き継ぎをした結果起こった大きな違い。
その他妊娠状況とかも微妙に変化しているのだが、そこはまたつど書いていこうと思う。





今回出産日には

QUKRIA_SS_0608_20130805134324c43.jpg

前回同様兄王と、フリオニールが来てくれた。
兄二人が来てくれて大喜び。姉の方は「まあ大丈夫でしょう」くらいな感じなのだろうか。
ヴィクトールの方は多分、本当に両親の代わりにというつもりなんじゃないかという気がする。自分の息子と同い年の妹だもんなあ。

更に

QUKRIA_SS_0611_201308051345249f7.jpeg

ネストールまできてくれて大喜び。

そうして生まれた前回も張ったが

QUKRIA_SS_0602_201308021720247a5.jpg

ゼクスが生まれたプレイで続行していく。





さて中旬前編の記録を以下からつけていくが、ざっくりとつけようかと。
というのも二周してる影響でSSがいつもより全然少ない。要所しかない。
ので238年中は年末までざっくり目になる予定。


11日。
今日はベアトリスさんの結婚式なので教会に行ったら

QUKRIA_SS_0628_2013080513561238d.jpeg

……えーっと……今起こったことをありのまま話すと……。
酒場の主のハリーさん(新郎の母親)が、持っているエールをベアトリスさんに「エールはいかが?」と勧め、ベアトリスさんが「食べる」って……。
そしてベアトリスさんがハリーさんに絡んで、ハリーさんが「アハハ! 楽しい~♪」って……。
これはその……姑さんになる人からの洗礼かなにか……? ちょっと背筋が寒い。

QUKRIA_SS_0633_20130805135952482.jpeg

式はなんとも言えない空気で進んだ。
私はベアトリスさんが転ばないか、誓いの言葉をあの劇の時のように言い放たないかとヒヤヒヤしたけれど、普段よりなんだか明るく楽しそうなくらいの誓いの言葉で、式の方も無事終了した。
ただジェリー君が「なんで酒臭いんだ」というようなことを、誓いのキスの後に呟いたような気はする。
ま、まあとにかく、おめでとう!


初周は10日の結婚式だったが、ベアトリスの還俗が遅かったのと、新成人ロビン&アルシア組が若干早くまとまったために今回は11日の式になった。
既に記録している内容だったのでスルーの予定だったがこう酔っ払いの花嫁が誕生しちゃったからねえw
見ていて、えっ、あっ、ちょっ……っていう感じでした。ホント転ばないのかハラハラしたよ。
そしてこれが本当に姑からのジャブだとしたら、恐ろしくてしょうがないっていうね。



12日。

QUKRIA_SS_0634_201308051418523a1.jpeg

朝一番にレノックスさんにデートに誘われる。
明日は僕と――って。

QUKRIA_SS_0635_2013080514211280f.jpeg

今日は従兄のフランキーさんとお散歩の約束だったから。
フランキーさんはレノックスさんにとってはライバルの一人だったみたいだし、実は心中あまりおだやかじゃないのかもしれない。従兄は従兄なんだけど、だからって割り切れるものでもないだろうし、頻繁に出かけるのはやめておこうと思う。


13日。

QUKRIA_SS_0637_201308051425402aa.jpg

ベアトリスさんのお母さんが危篤。
ベアトリスさんの結婚式が間に合ってよかった……。と思っていたら。


14日。

QUKRIA_SS_0645_20130805142742c79.jpg

翌日にベアトリスさんのお父さんが危篤。
本当に、本当に……間に合って良かった……。


初周とまったく日付変わらず。仲が良かったのかなんなのか、連日で逝っちゃうとか。
会話でサラッといきなり別れたりとかもしてるんだけどね……。
本当にベアトリスの結婚式が間に合って良かったと心の底から思う。
それにしても二人揃って全ステ190越えとか素敵すぎる。
ジェムは当初なかなかステータスあがらなかったんだけどねえ。いつの間にか奥義完備までしてるっていう。
工芸家は基本的に訓練しないのか6代目の長女ヒナの頃からステのあがり鈍い感じだったんだけど。現在の工芸家であるイアサントも上がりは鈍い。
ちなみにジェムのドラゴンファングは

QUKRIA_SS_0559_20130805150620221.jpeg

マクシムから伝授されている。



レノックスさんの下のお兄さん夫婦に子供が生まれたというのでお祝いに。

QUKRIA_SS_0648_2013080514342403b.jpg

テルマちゃん。ゼクス君と従兄妹同士で同級生。大きくなったら仲良くしてね。


6系でありますように! 6系でありますように!
第一子がお母さんに超そっくりの黒髪2aちゃんだったからな! 今度は6系で! 頼むよ! 念を籠めるよ!
実は初周この二人はなかなか第二子を授からなかった。第一子は五歳になり、授かり損ねたかなあと見ていたある日、突然妊娠。ビックリしたよ……。今まで第一子が五歳過ぎて妊娠してなかったら、もう授からないと思ってたのにさ……。
それが今回は無事他の同級生と同じように237年に妊娠し、238年出産になった。実はそんなカップルがもう一組いる。今年の誕生はもともと5名と少なかったのが7名に。239年誕生は10名近くになるところだったので、バランスはとれたかな……



夜。

QUKRIA_SS_0653_20130805144013e0c.jpeg

テオドラ先輩に誘われて飲みに。


15日。

QUKRIA_SS_0654_20130805144153f7c.jpg

今年の五日に奥様が導かれたフェリプさんの危篤。
奥様を追いかけて逝かれるんだ……。


記録済みの上旬中編で3日に亡くなったニエヴェス。しかし今回は前述したとおり3日には元アスター神官マンフレッドが導かれており、彼女は5日に亡くなっている。


昼から

QUKRIA_SS_0667_2013080514454527a.jpeg

昨日誘われていたのでデート。

夕。
最近果物を採るのに凝っているのだけれど、そんなところへ。

QUKRIA_SS_0668_20130805144650688.jpeg

ネストール君がわざわざやってきた。

QUKRIA_SS_0669_20130805144726bee.jpeg

「……家族?」
「俺にとってお前はなんかこう……家族みたいなもんだなと」
「ふふふ……そうだね。私たちってやっぱり叔母と甥ってより兄妹みたいだよね」
「ああ。そう思う」
「なんかヴィクトール兄さまも、私の事妹ってより、娘に近いみたいに思ってそうな気がするんだよねえ」
「ははは。そうかもしれないな」
「出産のときお祝いに来てくれたもの、父さまと母さまの代わりに兄としてって言ってたし」
「……なんか、親父に対する印象変わったか?」
「なんか……ね。やっぱりゼクス君産んだ日に来てくれたの嬉しくて。今までよりヴィクトール兄さまの事を近く感じてるかな」
「――そうか。まあ親父もなんだかんだ頑張ってるみたいだしな」
「そうだね。毎日駆けずり回ってるね――母さまみたいに。きっといい王様になってくれる」
「――ああ」
「だから、ネストール君も頑張ってね?」
「む……俺はまあまだまだ先だろう。そうあって欲しい」
「ふふふ」


毎日ネストールとはこちらから探しに行って接触して会話しているのだが、ごく稀に向こうからもやってくる。
そんな時に話しかけると「家族と話をしようと思って」。実際にはこの後家族であるバーバラに話しかけに行こうと思ってることを喋ってるのだろうと思うけれど、なんか嬉しい。
多分自分の友人一覧と同じように、伴侶、親友友人の次あたりに知人としての自分がいるんじゃないだろうか。それは別居家族と同じような感じで。






ざっくり中旬前編終了。
残りの238年は状況次第では238年後半として16~30日までまとめるかも。フォルダ見るとホント、いつもより格段にSSの枚数が少ないのよなあ……。
まだセリーナがジークルーナを産んだ時に周回してた時の方がSSあった気がするw
本格的な通常日記再会は239年からかな……まだわからないけど。

前回の記事にドロレスがカワイイってコメントいただきました。ええ本当にカワイイです。もうメロメロです。
この後も毎日のように構いに行くんですが、239年に入学して世界が広がるからちょっと淋しいみたいな。

それにしてもゼクスの顔がちゃんとした遺伝になったことを確認したら、若干燃え尽きた感。
同級生たちの顔も早く知りたいんだけどなあ。

category: 10代目ジークルーナ プレイ日記

thread: ワールドネバーランドシリーズ - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。