スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

236年序 

 

236年開始。
いよいよ成人。そして――

1日。

QUKRIA_SS_0794_20130516180432.jpg

「ジークルーナは、今日、成人ね」
「そうだね。早いものだ」
「大人になるって、ふしぎな感じがするけど、すぐ大人になったーって思う?」
「そうねえ。あたしはフリオニールの時にも話したけど、しばらくは変な気分だったからねえ」
「成人した瞬間は、まず目線が高くなったのが、不思議な感じだったな」
「ふふふ。そうでしょうね。マクシムくんは、背、すごく高いものね」
「わたしも、おっきくなれるかなー。おっきいっていいよね」
「あらあら。ジークルーナは女の子なんだから、そんなに大きくならなくてもいいのよ」
「……にいにも、前にそう言ってた……。おっきくならなくても、高いところのものは、パパやオレにとってもらえばいいんだよって……」
「そうだね。そんなに大きくならなくても、困ることはないと思うよ」
「女の子は、小さいくらいでいいのよ。その方がかわいいんだから」
「むー」
 
QUKRIA_SS_0802_20130516181806.jpg

ママとパパにおれい。今まで、本当にありがとう。
でもママはパパも頑張ってるっていうけど、パパはまかせたって言って、おっきな手で頭を撫でてきたの。
もーパパはー。……でも、パパ頑張りすぎるから、頑張りすぎないなら、わたし、頑張ろうかな……。

新年のぎー。

QUKRIA_SS_0808_20130516182957.jpg

ママ……へいかーの言葉。むずかしいけど、きっとたいせつなこと。
わたし、頑張るよ。

てんしさまーのぞうは。

QUKRIA_SS_0810_20130516183137.jpeg

去年とおんなじー。
これよりもっとすごいのもあるんだって。
来年はほんきだす? とかなんとか? 毎年言ってる?

学校行くとちゅーで。

QUKRIA_SS_0815_20130516183454.jpg

おとめさまーと新年のごあいさつー。
おとめさまーきれいね。おとめさまーのしあわせー……もうすぐ?

せいじんしき!

QUKRIA_SS_0816_20130516183605.jpeg

ちょっときんちょーするね。
もうすぐ――大人になる。

QUKRIA_SS_0817_20130516184154.jpg

目の前で、へいかーがお言葉っていうのをくれた。
目が合って、にっこり笑ってくれた。

QUKRIA_SS_0822.jpg

せんせー。みんな、ありがとー。
じゅぎょー楽しかった!


改めてみたら先生が全員2系w しかも2c2a2bって全種類かw


QUKRIA_SS_0825_20130516190858.jpg

わたしの、せいとだいひょーとしての、最後のお仕事。

QUKRIA_SS_0829_20130516190934.jpeg

本当に、ありがとうございました!!

そして





QUKRIA_SS_0830_20130516191012.jpeg

私は、成人した。
大人になるって、不思議。ずっとそう思っていた。
実際なってみて、確かに不思議だと思う。
低かった目線は少し高くなって、頭の中も何かが切り替わったような、そんな気がする。


自動で三段まで技取得サイコー! 奥義は押し売りされるだけだし、なんの苦労もいらん……。
そして美人な6aちゃん……。こうして見ると、やっぱりマクシムに似てるんだけど、髪形のせいか、セリーナにも似てるなあとか思ってしまう親馬鹿?っぷり。



荷物を整理したりして、あちこちうろつくことにする。

QUKRIA_SS_0833_20130516191750.jpeg

ネストール君に声をかけられた。

「成人おめでとう」
「お互いにね。……ネストール君……」
「ん? ああ。爺ちゃん――王配殿下に似てるって?」
「うん。父さま、きっと若い頃、あなたみたいだったんだろうなって思う」
「陛下にも親父にも言われたよ。特に陛下はなんだか懐かしそうな顔しててなあ」
「ふふふ。母さまは父さまにべた惚れだから」
「本当にな。だけど――ジークルーナ様も、陛下にも殿下にも似てるな」
「そう? 姉さま――システィーナ姉さまに似てるって言われたけど」
「それはそうだけど、なんとなく雰囲気がな」
「そっか。ありがとう。なんか嬉しいな」
「じゃあ、またな。そのうちゆっくり話そうぜ」
「うん。もちろん――って何か落ち着かないね」
「――そんなこともないぞ。ただ……探し人が」
「探し人?」
「いや。なんでもない。じゃあな」

次に声をかけてきたのは、

QUKRIA_SS_0835_20130516192602.jpg

従兄のフランキーさんだ。

「成人おめでとう――お。もう香水なんかつけてるんだ」
「あ、うん……やっぱり成人したらなんか……」
「相変わらずませてるのかな?」
「! そ、そんなこともないでしょう。もう、成人したんだし」
「ははは。ませって何かわかったでしょう?」
「う、うん……なんかそのこと言われると恥ずかしいかな」
「まあ、女の子らしい感じだったんじゃないか? 香水、似合ってるよ」
「あ、ありがとう……」

市場で、

QUKRIA_SS_0837_20130516192954.jpg

イシアルさんとお互いに親友になって、

QUKRIA_SS_0842_20130516193157.jpg

ロベルトさんにも香水を誉めてもらって。




誰かに、呼ばれた。
その声は、昨日まで毎日のように近くで聞いていた声に似ていて――




「ジークルーナ様」
「あ……レノ……バルデムさん。……」
「? どうしたの?」
「あ、うん。大きくなったなって、思って」
「ああ。そうだね。ちゃんと父さんの血引いてたかな」
「うん……。お兄さんたちともそんなに変わらない……か、少し大きいくらい?」
「どうだろう? でも、多分――君のお兄さんとは同じくらいだよ」
「――うん。そうだね。ふふふ。なんだか昔も兄さまのこと気にしてたし……なんかあるの?」
「……まあ、その――一応、男としては、ね」
「?」

QUKRIA_SS_0843_20130516193304.jpeg

「僕と、今度二人で出かけて欲しい。一緒に」
「――!」
「昨日精霊の木で言ったように」
「……精霊の木……。大人に、なっても――一緒に」
「うん。あの時から、いや、ずっと前から思ってた。大人になっても、君と一緒にって。だから――」

QUKRIA_SS_0844_20130516194724.jpg

「――はい。私で、よければ……嬉しいです。そう言って貰えて」
「――ジークルーナ様」
「これから二人で、色んな所に出かけて、一緒にいるってどういうことか考えていけたら」
「うん――そうだね」

QUKRIA_SS_0845.jpg

「じゃあ、早速っていうわけじゃないけれど、明日、出かけませんか?」
「ははは。いいね。出かけよう――じゃあ、いつものように、昼に」
「ええ、ハールの庭園で。楽しみにしてます――レノックスさん」
「――僕も、楽しみにしてる」


こうして、私とレノックスさんは、一緒にお出かけする仲になった。
世間的には、多分――恋人同士――というものになったんだと思う。
昨日……子供の頃に言った――ずっと一緒にいる――それが、本当になるかはまだわからないけれど。


夜。

QUKRIA_SS_0861_20130516200311.jpeg

父さまと母さまは、いつも変わらずラブラブ。
私にも、母さまにとっての父さまのような人ができるだろうか。
それは――レノックスさんなのだろうか。





と、言うわけで成人。
なんとなくまた1日だけ分割してみた。
成人したのでひらがなばっかりの日記は終了とw ようやっと通常営業になっていく感じだが……手探りだなあ。まだまだ。プレイ自体は、相変わらずのストーカー基本に戻るのは間違いないんだけども。

成人するとき今回本当にドキドキした。もう最初からレノックスと付き合う付き合うって言ってたわけで、絶対そうする予定だったが、不安だった。出来れば申し込んで欲しい乙女心(ぇ その上出来れば、率先して声かけて欲しいよねえみたいな?
そんなわけで成人直後自分から回り込んでとかそういうこともせずに放置した。一番ドキッとしたのは、硬直がとけた直後、ベアトリスがレノックスに「おーい!」した瞬間である。うえええ、先越される? やり直す? とか思ったが「何してるの?」で終了だった。物凄くほっとした。

で、まあうろうろしつつバインドされるのを待ったわけだが、なかなか来ないので、じゃあ探しに行くかー蝶はあるけどここは、使わずに勘で~と歩き始めたところで、やってきて――申し込んでくれた。恋人欄は空欄だ。
嬉しかったねー。バインドされて申し込まれなかったらもうこっちから行くつもりだったけど。

というわけでもうこうなったら、結婚するのは確定なのだが――まあ途中であれこれありましたとw
恋愛に関しては予想通りのライバルが出てきて、若干もやっとしたり……。
次回は上旬前編とするか、10日まで一気に書くかはまだ未定。

category: 10代目ジークルーナ プレイ日記

thread: ワールドネバーランドシリーズ - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。