FC2ブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

234年中旬前編 

 

234年中旬前編。
相変わらず神職に振り回されたり、色々驚愕的なことがあったり。

11日。

QUKRIA_SS_0561_20130426161240.jpeg

「……朝からにぎやかだな……」
「んー……パパとママ、らぶらぶー……?」
「どうせなら子供がいないときに、ラブラブすりゃいいのに……」
「……まだ……ねむい……」
「ふぁ……俺も。っていうか……二度寝した方がいいな……この感……じ……」
「…………」
「ジークルーナは寝たか……寝よう……」
 
ごはんの後、

QUKRIA_SS_0564_20130426163849.jpeg

マドックちゃんが遊びに来た。

QUKRIA_SS_0566_20130426164138.jpg

明日フギの日! ホント楽しみだよねえ。
みんたーみーるの日も、もっとおいしいもの食べればいいのに。


この日もまたいつもの諸事情でやり直しているが、毎回駆け込んでくるマドック。
彼はこちらを萌え殺しにかかっていると思う。わりと本気で。



エッタおねえさんにあった。

QUKRIA_SS_0573.jpg

もうすぐ弟か妹ができるんだって、ネストールくんが言ってた。楽しみね。
わたしには、また、おいっこかめいっこがふえるんだなあ。


長子ネストールが2日に4歳になって即妊娠w おそらく年内出産になると思われる。
三家庭が第二子に恵まれないことが確定したところで、速攻とか。ヴィクトールは積極性も優しさもないのに、きっと負けず嫌いの積極性でガンガン振り回してくれてるんだろうなあ。
というわけで、どうやら今年も出産が10人近いということが確定したわけで、それもまた悩ましいんだけどね。でもやっぱり嬉しい。



がっこー。今日はテストの日だったんだけど、

QUKRIA_SS_0575_20130426171716.jpeg

せんせーこなくて中止~! わーい♪
せんせー、まじゅーたいじに行ってるのかなー? たいへんね。

みんな、遊びにいこーと駆け出してたら

QUKRIA_SS_0577_20130426172055.jpeg

にいにが、アマラちゃんになんか言ってる。
……うそつきー。でも、アマラちゃんも、にいにのこと好きなの?

QUKRIA_SS_0578_20130426172317.jpeg

「にいに」
「ん?」
「アマラちゃんのことすきーなの?」
「ああ……さっきの聞いてたのか」
「まってるの?」
「どうだろうな」
「アビゲイルちゃんは?」
「それも、どうだろうな」
「……このあいだから、そればっかり」
「ははは。ほら、膨れるなよ」
「! もー。にいには、すぐもちあげるー」
「こうした方が、顔が近くて話しやすいじゃないか。見上げるの大変だろ?」
「そうだけど」
「どうなるかは、わからないさ。かといって、アマラも俺が本気で待ってるとは思っていないだろうし」
「……そうなのかな」
「そういうもんだ」

むー。なんか、ごまかされた気がする。

今日お誕生日のアマラちゃん。

QUKRIA_SS_0579_20130426173525.jpeg

おめでとう~♪
アマラちゃんに、さっきのこと聞こうと思ったけど、やっぱりやめた……。
よくわかんないし……。

QUKRIA_SS_0592_20130426175140.jpeg

アビゲイルちゃん、きれいね。
にいにと、らぶらぶーなんだと思うんだけど……。
アビゲイルちゃんが、おねえさんになると思うんだけど……。
ちがうのかなー。大人ってむずかしい……。

夜。
今日は、ヴィクトールにいにがしあいだから、見に行ったよ。

QUKRIA_SS_0594_20130426180732.jpg

しんゆーなんだって。なかよし、いいね。


成人お試し引き継ぎした時の友人一覧SSがないので友達だったのかがわからない。マチューは一学年年下。あんまり友達いなかったと思うんだけどねーw 親友がいてビックリどころか、わりと良く散歩もしているらしく……。その場面を目撃した時は軽く衝撃を受けた。優しくもなく、積極的でもないお気楽さんなのに。
それにしても改めてみるとマチューイケメンだなあ。眉と目がいい。上旬前編で出てきた求道者な4bちゃんは彼の娘なのだが、お父さん似の眉毛なんだな。



しあいは

QUKRIA_SS_0595_20130426181047.jpeg

にいにのまけー。ざんねんー。


当然だな。ステ平均120だもん。未来の国王がこんなんで大丈夫かw 心配だよw


12日。

QUKRIA_SS_0599_20130426181815.jpg

「フリオニールは大人になったから、いくらふらふらしてようが構わないけど、ジークルーナは夜二刻までには帰ってこないとダメよ?」
「えー。でもおそとあかるいよ?」
「それでもダメ。早く帰ってきて寝ないと、朝眠い眠いって起きられないでしょう?」
「むー……」
「ははは。それでもジークルーナちゃんは、僕らが迎えに行くとちゃんと一緒に帰るって言うから偉いね」
「俺もジークルーナがうろうろしてたら、ちゃんと帰れって言うようにしてるよ」
「にいにだって、ふらふらしてるのにー」
「お袋もだけど、ふらふらってのはヒドイ言い草だな……。大人だからいいんだよ」
「大人ってずるいー」
「ジークルーナも、もうすぐでしょう。……そんなに急いで大人にならなくてもいいけど」
「――そうだね」
「ほえ?」
「のんびり子供時代を楽しめばいいってことだよ。さあ、食べようぜ。せっかくのフギの燻製、冷めたらもったいないだろう」
「うん!」

赤ちゃん、うまれたっていうおしらせきてたから、おいわいに行ったよ。

QUKRIA_SS_0605_20130426182848.jpg

ねえねの、どーきゅーせいね。おめでとう~♪
サンチャゴちゃん、これからよろしくね。

今日お誕生日なのは、

QUKRIA_SS_0619.jpg

ロングちゃんとロビンちゃん。おめでとう~♪

夕方。

QUKRIA_SS_0621_20130426185629.jpeg

「エールどくだからこどもはのんじゃだめだって」
「まあそうだよな」
「にいに、自分でのみなよ~」
「どうすっかなあ。そう言う気分でもないし……お袋にでもやるか」


まあ実際には「食べる! 食べる!」で飲んでなんともなかったわけですが。不思議。





さて。この日は色んなことがあった。

QUKRIA_SS_0602_20130426182952.jpeg

別れの言葉が常につきまとうイスカとジェローム。
先導の調整を行い、ジェロームに行先を決めさせた。これで次にイスカが先導すればロックがかかり、内部的には還俗決意を行うことになる。
このデートの約束は、自主的に行っている。別れの危機が常にあるわりに……。物凄く珍しくバルバラから誘ったのかもしれないなあ……。

そしてもう一組。

QUKRIA_SS_0603_20130426183130.jpeg

去年の売れ残りカルナの乙女と、親からの縁によってアスター神官になってしまったアルバーンだ。この二人が付き合い出すのは可能性はあると思っていた。アルバーンはカルナの塔在住だったからだ。
そして中の人のテンションうp。
この二人が付き合えば、今年の新成人丸く収まるのである。
イスカ&ジェローム、兄&アビゲイル、シズニ&親衛隊の娘ジュリア、カルナ&アスター。誰も余らない。
この組み合わせ以外だと、誰かしらが余りそうな気がするというのがまたね。
おそらくイスカとジェロームにロックをかけてしまえば、この理想形でまとまる。そこだけ注意すれば大丈夫そうだった。
兄とアビゲイルに関しては、アビゲイルは同級生男子に全股なのだが、クールな兄が意外な積極性で彼女を掴んで離さない。本命欄ガッシリ。デートもなんだかんだ他のカップルとのタイミングなのか、最大のライバルっぽかったアルバーンがアスター神官になってしまったからか、自分以外とはさせないという。

というわけで、イスカとジェロームだけまとめちゃえば、ジェロームに片想いのジュリアは最初の恋人シズニ神官に戻っていくだろう。アルバーンはカルナの乙女とまとまるだろう。

兄の同級生たちの恋愛が、なんとなく落ち着くところを見いだせた日である。

そしてもう一つ驚愕的なことが起こっていた。

QUKRIA_SS_0608_20130426183829.jpeg

今日起き上がったこの男子。我が国では絶滅危惧種の1a男子。結婚式予約の確認と、台帳を見に行ってフイテ、速攻彼の家に走った。何しろ、彼の両親からこの顔は生まれてくるはずがない。

surprised.png

系図こんな感じでね……。両親2a。それどころか超2系家系。そんなところに1aだと……?
遺伝子的源は、曾祖母であるシモーヌだと思われる。これくらいならまあ隔世遺伝と言えるだろう。にしたってね。こんなところに突然1aとかいう爆弾を落として希少種補充するくらいなら、2b1a夫婦の第二子、2bちゃんが、1aちゃんか1bちゃんだったなら自然でいいじゃねえかと。ホントシステムのすることは意味不明。

それにしても彼はPCにとっても遠い遠い親戚なのだよなあ。左上のエゴイツ・セラ夫妻は5代目夫婦。アポロニウスはその第四子。
そして若干思い入れのある綺麗な綺麗な5cジュニアータちゃんと、その旦那ダドリーが親戚になっているという……。それもこれもシモーヌの第二子が、ヴィクトールの嫁エッタの母親なんだよな。だから親戚と。
ホント、あちこち繋がってるんだよなあ。





13日。
おわかれのおしらせがきたから、おみまいに行くとちゅうで、

QUKRIA_SS_0624_20130426190732.jpeg

レノックスちゃんにさそわれた。
レノックスちゃんにさそわれると、うれしい。

おわかれ。

QUKRIA_SS_0625_20130426190856.jpg

とうしちょーのフェリックスさん。マリレーナねえねの、だんなさんのお父さん。
ママのおともだち。
去年、せんせーだった。一緒にえんそく行ったこと、わすれないよ、フェリックスさん……。


1a男子が生まれてきたと思ったら、1a男子が逝ってしまったよ。
ビックリしたよ。朝。まだセリーナの気分が全然抜けていない状態の今、年下の親友に去年に引き続き逝かれるとかさ……早すぎるよ……。
デートの約束は、妻のジョルジーヌと。成人した年、まるっきり他の相手とぶれることなく、ストレートにまとまった二人。本当に仲が良かったんだと思う。
セリーナは彼が好きだった。いい親友だったと思う。それだけに、本当にツライ。



フェリックスさんは、ママのおともだちだから、ママもおみまいに来てた。その帰り道。

QUKRIA_SS_0628_20130426191407.jpeg

パパとママがらぶらぶー。
パパもママも、ずっと元気で、ずっとらぶらぶーだといいな……。

お昼からがっこー。

QUKRIA_SS_0631_20130426191959.jpeg

カルナの森。あんまり行ったことない。
ママがあぶないから、あまりいかないようにねっていうから。

QUKRIA_SS_0633_20130426192238.jpeg

お家がいっぱいあったんだ。あんなにくらーいくらいー森なのにね。ふしぎね。

がっこーの後、精霊の木に遊びに行ったら、

QUKRIA_SS_0640_20130426192411.jpeg

にいにとアビゲイルちゃんがきた!

QUKRIA_SS_0641_20130426192439.jpeg

らぶらぶーな感じ。
でも、にいに、どうかなっていうの。
アビゲイルちゃんのこと好きなんじゃないのかな? らぶらぶーに見えるのに。
きっとアビゲイルちゃんが、おねえさんになるんだろうなって、わたしは思うのに。
大人って、やっぱりむずかしい……。


この時点で、既にデートロックがかかっている。2段階を交互に完了している。ある意味驚愕である。
まさかクール(-/-/-)な兄がこんなに順調に恋愛を進行させるとは……。アビゲイルは同級生男子全股で、しかも他の男子とは学生時代デートしていて、兄は一度もそういうことがなかったというのに。そのくせ成人直後の本命同士。デートを交互にすんなり進行させて、あとはもうまとまることが確定と。
またもお試し引き継ぎの時に「引き継いで結婚するならアビゲイルだな!」とか言っていた相手。セリーナの弟ジェラールと言い、妹リアーナと言い、そんなことが続いているので、ホント言霊にパワーがあるのではと思ってしまう。
これにて本当にセリーナ、マクシムともに親友である、ルイーサ、トムの娘ちゃんと息子が結婚することが確定した。しみじみ嬉しいなあ。ルイーサもトムも大好きだし。



にいにのことこっそり見てたら、フェリスちゃんがきた。

QUKRIA_SS_0643_20130426202301.jpg

かなしいはずなのに、だいじょうぶっていって笑う。ヴィルジールちゃんとおんなじ。
みんな、つよいね。がんばるね。フェリスちゃん、げんき出してね!

QUKRIA_SS_0647.jpg

ジョルジーヌさん。
大切な人、フェリックスさんね。

QUKRIA_SS_0649_20130426202651.jpg

わたしも、忘れないよ。ずっとおぼえてるよ。

夜。

QUKRIA_SS_0653_20130426202732.jpeg

アビゲイルちゃんがぴゅーっとはいってきて、にいにとらぶらぶー。
やっぱり……おねえさん……ちがう……の……? ……らぶ……らぶー。


14日。
朝から

QUKRIA_SS_0658_20130426202923.jpeg

にいにとアビゲイルちゃんがらぶらぶー。
うん。やっぱり……そうだよね?


二日連続デート。そして朝からまっしぐらにアビゲイルの元へ行く兄。
クール(-/-/-)なわりに……!



QUKRIA_SS_0659_20130426215226.jpeg

「にいに」
「ん?」
「アビゲイルちゃんとらぶらぶー。アビゲイルちゃん、もちろん!――って」
「なんだ。また見てたのか?」
「だって、アビゲイルちゃんのお家、精霊の木のほーだもん。遊びに行こうと思ったの」
「なるほど。確かに」
「にいに、アビゲイルちゃんのこと、好きなんでしょ?」
「――」
「アビゲイルちゃん、おねえさんになるんでしょ?」
「――そうだな」

にいにがはじめて、そうだって言った。どうだろう、じゃなくて。
ほんとうに、アビゲイルちゃんが、おねえさんになるんだ。
にいには、やさしい顔で、頭をなでてくれた。

お昼からがっこー。

QUKRIA_SS_0665_20130426221044.jpeg

じゅぎょうは昨日のつづきね。

QUKRIA_SS_0668_20130426221137.jpeg

みんなこわれちゃって、まものがでてきて、たいへん。
またつづきは、あしたー。

がっこーの後は、レノックスちゃんとあそびに。

QUKRIA_SS_0672_20130426221305.jpeg

「すこしうまくできるようになってきた!」
「そうだね。レノックスちゃん、もうちょっとで、すべったあとちゃんとたてたね」
「ジークルーナさまも、あんまりもういたくなさそう」
「うん。あんまりすりむかなかったし、ぶつけなかったよ」
「できるようになるねえ」
「ほんとだねえ」

楽しく遊んでバイバイした後。夕方に。

QUKRIA_SS_0674_20130426232625.jpeg

また、さそわれた。
レノックスちゃん、わたしと遊びたいのかな……。
……わたしも、レノックスちゃんと遊ぶの、たのしいし、うれしい。


また二日連続とかなんなの君。本当にずっと一緒にいるよ? うん。
にしても、やっぱりこちらからの誘いは断るんだよなーこの野郎。



15日。

QUKRIA_SS_0694_20130426232932.jpeg

パパとママは今日もらぶらぶー。


中に人がいなくても「愛してる」と返すことが一番多いセリーナ。
そして同じようにマクシムも「愛してる」と返すことが一番多い。ラブラブすぎる。



赤ちゃんうまれたっておしらせきてたから、おいわいに行ったよ。

QUKRIA_SS_0687_20130426234755.jpg

ルディちゃん、これからよろしくね。


またクールからポーカーフェイスが生まれて来たよ……。多くは語るまいと思うが……。
若干の遺伝がありそうな気がするよなあ。性格も。明確ではまるでないけどさ。



お昼からのがっこーは、昨日のつづき。

QUKRIA_SS_0679_20130426233610.jpeg

てんしさまーがたすけてくれたのね。

QUKRIA_SS_0680_20130426233634.jpeg

きょじんさんと、バグエル。バグエルしってるよ。また来年くるんだよね、たしか。

がっこーの後は、レノックスちゃんと遊びに。

QUKRIA_SS_0682_20130426233746.jpeg

今日は精霊の木~。

QUKRIA_SS_0686_20130426233831.jpeg

「にいにがね」
「うん」
「アビゲイルちゃんと、けっこんするんだ、たぶん」
「アビゲイルちゃんかー。きれいだよね」
「うん。きれいなおねえさん、うれしい。でも」
「……さびしいんだ?」
「……うん。よくわかったね」
「そんなかんじだもん。まゆげ、さがってるよ」
「そ、そんなことも……ないよ」
「あはは。そういえば、このあいだ、二人でここにきてたね」
「うん。らぶらぶーしてた。さいしょは、どうかな……とか言ってたのに」
「どうかな?」
「らぶらぶーになるの? ってきいたら、ちがうかも、みたいなかんじ」
「そうなんだ。でも、このあいだ仲良さそうだったよね」
「うん。今日、おねえさんになるの? ってきいたら、そうだって。だからけっこんするんだよ、たぶん」
「だから、さびしい」
「――うん」
「僕が一緒にいるよ。さびしかったら、一緒にあそぼう」
「レノックスちゃん」
「ね?」
「――うん」





中旬前編終了。
まあなんか色々あった。色々あったために珍しくプレイが先に進んでいる。だいたいリアルタイムで記録するようにしてるんだが、星祭終了まで既にいっている。
記事内で入れ込めなかった出来事としては、

QUKRIA_SS_0607_20130426235619.jpeg

前イスカの乙女がパウ四号とゴールイン。この予約を見に行って、台帳見て、隔世遺伝がああってなったんだよね。少ない家名であるライトをとってくれて何よりなんだが、ドーファンも減ってる気がする。まあ今年ニックスがドーファンとってるから大丈夫だとは思うのだが。

それと。

QUKRIA_SS_0697_20130426235424.jpeg

新成人ジュリアが、フェリクスと別れている。まあ親衛隊員の家だからね、二人とも。そうなるのは道理とは思うが、結婚したの10日なんだがね。っていうか婚約したの7日なんだがね。別れたの15日とか……。神職ならまだしも、一般人同士で何をしているのか……。

ジュリアは最初シズニ神官になったテオドラと両想いだったが、一度ジェロームとデートし先導して以降、片想いながらそっちに気が向いてしまったのか、テオドラと接触している気配がない。竹を割ったような性格で積極的なんだけどなあ。やっぱり基本的に本命にまっしぐらになるんだろうな。本命欄って大事。

兄はゴールイン秒読み。というか14日のデートは確認しに行ってはいないが、解散もせず、闘士の家の方から二人でやってきたのでデート成立した模様。つまり、どこに行ったか知らないが(香水が消えていなかったので多分墓地か精霊の木)ちゃんと先導交代したってことですよ……。クール(-/-/-)とむじゃき(+/-/-)相性いいのか……。
ひょっとして年内に結婚してしまうんじゃないかと思ったが、さすがにそれはなくて、ちょっとだけ安心した、さびしい妹心w

それにしても、フェリックス……早すぎるよ、ホント。

category: 10代目ジークルーナ プレイ日記

thread: ワールドネバーランドシリーズ - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。