スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

233年終了時 

 

233_20130422114450.png

233年終了時。
総人口151名。台帳7/7+4。前年±0名。7名誕生したので7名亡くなった。
危篤は思ったほど多くはなかったが、生まれただけ亡くなってしまった。

Vup後危篤229名。平均寿命20.9歳(28歳除く)。内訳は
171819202122232425262728
2718273733191817201201

今年は昨年末に予想していたとはいえ、セリーナの一つ年下の親友が17歳で亡くなってしまったのがきつかった。しかも子供の四歳の誕生日の翌日とかさ……。早すぎでしょー。頼むよ……。
第三子を授かる可能性があった夫婦がこれまたほぼ揃って導かれちゃったりね。寿命の調整が憎らしい。人口は140人くらいにしたいなあと思いながらも、9代目で5人も増やしちゃったからねえ……。自分の気持ちと理想の乖離がこれまた悩ましい……。今代も4人くらい欲しいんだけどなあ。
ただ、どうも見てる感じ第二子を授かり損ねている夫婦が三組くらいある気がする。第二子は長子5歳までに作らないとアウトなんじゃないかなと思っているのだが、それを越えそうな気配がある夫婦が多少。少なくとも二組は確定。まあこれに関しては過密の影響ではなくて、子作り会話をしているか、していたとしてもタイミングがいいか、にかかっているので、そのどちらもダメだった場合には、逃してしまう可能性もあるだろう。
来年は年始二日に、残念ながら……なことがあるのが既にわかっている。またしばらく白髪の人を見られなくなるようだ。

そういえば、20歳の妊婦が!っていう話の時に末子が小学校入学年まで母親の寿命はあると言われている、に関して拍手でコメントを頂いた。その前に亡くなっちゃったのをみた、ということで、実際自分も意識して確認したことが殆どなく、伝え聞いただけなので、やっぱり例外もあるのか、それとも「言われている」というだけで、実はそうじゃないのか、はわからないという次第であります。申し訳ない。ご報告ありがとうございました。これからもっとちゃんと意識して確認したいところ……だけど、あまりそういう状況にはなかなか遭遇しないという。つまり年の差カップルじゃないとダメだからなあ。とりあえず20歳の妊婦さんは20歳の内に年始2日に子供を産むので、彼女の事は見守って行きたいと思う。

上記に多少関連して、末子8歳の年まで片親の寿命はあるようになっている、はほぼ確定なのだけれど、これもたまに例外がある。今年亡くなった人の一人は、末子今年7歳だった。随分前にもそういうケースを1度見てるので、やはり若干のズレ、例外はある模様。

誕生はまあ平均の年。来年は今年結婚式が多かったので、また多めの年になりそうだなー。下手すると最多の10名にいくのかな。今年と同じ7名は確定していて、第二子授かる年齢の夫婦1組がどうなるか、か。
名前はマンハリンにすごいインパクトを感じたのだが、ぐぐったら、スペインの地名なんだね。ということはスペイン人の名前なのかな。とにかくも現PCジークルーナ以降、名前かぶりは一度も発生しておらず、すべてが我が国では見たことのない名前だ。
232年誕生の子供に関しては、やっぱり我が国に3cなんざ存在しないということがよくわかった結果になった。若干2系支配っぽいのが気になるところか。232年後半3名全員2系。

来年以降セリーナの親しい人たちの健康が気になるところ……。第三子恵まれた夫婦がいないからなあ。平均寿命くらいなんだろうな……。

category: 検証のような 国民人数増減&名前被り記録

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。