スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

232年上旬後編 

 

232年上旬後編。
娘の神職恋愛どころか、プロ神官アスター以外のすべての神職恋愛を確認する日々。
シズニ、イスカ、カルナ、全員身内が関わってるとかもうね。

6日。
朝からシスティーナを追いかけていたら、

QUKRIA_SS_0365_20130227112859.jpeg

どうやらライバルらしい女子と遭遇。
高台の道に、この娘と、システィーナがいるっていうあたりがなんとも。

こびない性格(+/++/--)は若干心配である。中途半端な積極性、仕事大好き、優しさ皆無。どうも人間関係不器用っぽい。彼女の本命欄に名前が入ったのは5日。だいぶ出遅れている。
この性格は3代目永遠の乙女候補だったイスカの乙女ボニーと同じだ。
そして何より不安なのは、彼女の……これ以上はもう言えない……。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 9代目セリーナ プレイ日記

thread: ワールドネバーランドシリーズ - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

232年上旬前編 

 

妄想雑文はちょっと一旦お休み。
丁度、娘自身が実際はどうなっているかも書ける感じなので。
いよいよセリーナ最後の年。しみじみと大切にプレイしています。

1日。

QUKRIA_SS_0278_20130226213644.jpg

「マクシムくんは今年農場員ね」
「いきなり副代表って通知が来るとは……農場員やったことがなくていいのかな……」
「ふふふ。毎年ちゃんとマクシムくんが頑張ってるって知ってるわよ。その積み重ねがあっての、副代表だもの。大丈夫よ――素敵だわ」
「……セリーナさん」
「ねえね、にいに。パパとママってなかよしだよね」
「まあ、いつもこんな感じだよな。父ちゃと母ちゃ。オレとしてはさっさとご飯食べたい」
「パパとママはらぶらぶーってヤツなんだって。ジークルーナちゃん」
「らぶらぶー? ってなに?」
「見たまんまだろ」
「へーらぶらぶー」
「……フリオニール、ジークルーナに変なこと教えないの」
「え? 変なことなのか?」
「……えーっと……」
「ははは。一本取られたね、セリーナさん。さあ、食べよう。新年の儀に間に合わなくなってしまうよ」
「あ……もうこんな時間。そうね、食べましょう」
-- 続きを読む --

category: 9代目セリーナ プレイ日記

thread: ワールドネバーランドシリーズ - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

「子供のままで 3」――生徒代表と私 

 

 今日は朝からレオポルドさんとお出かけ。
 だけど気になるのは、シズニ神官様――バイロンちゃんのことばかり。
 子供の頃、よく朝からバイロンちゃんの家に駆けて行った。顔が見たくて。お話がしたくて。でも、今はもうそのお家に彼はいない。
 今は教会の小さな部屋に一人。どうしているだろう。淋しくないのだろうか。
 そんなことを思いながら、どうにも思うように動かない足を庭園に進めていたら。

「ああ――間に合ったかな」

 声がした。
-- 続きを読む --

category: 雑記 お試し引き継ぎ

thread: ワールドネバーランドシリーズ - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

「子供のままで 2」――生徒代表と私 

 

「――ただいま」

 妹以外はいないだろうと思っていた居室に戻ると

「おかいむ~」
「おかえり」

 出迎えの声が二つ。一つは寝室からの、眠そうな妹の声。
 もう一つはと、視線を巡らせると、母さま――陛下が夜早い時間には珍しく、在宅していた。手に何やら書面を持ち、それを眺めながら、うろうろ室内を歩き回っている。

 ――あなたの御両親なら良くご存じなのではないかな?

 先ほどの言葉が思い出される。

「陛下――母さま」
「ん?」
「今、忙しい? ちょっと話があって……」
「構わないわよ。どんな話――ああ、居間に行きましょうか。立ってする話でもないだろうし」
「うん……」

 ああ、ひょっとしたら、母さまは何を話したいのか気づいている。そんな気がする。
 せっかちな母さまは、さっさと居間に入るとそのまま台所に立った。てきぱきとポットを出して、火にかけようとする。お茶を淹れようとしているのだろう。
 その傍らに駆け寄る。

QUKRIA_SS_0180_20130222212155.jpg

「私が淹れるよ。母さまは座ってて」
「そう? じゃあお言葉に甘えようかしら」

 手にしていたお茶の缶を私に渡すと、母さまは自分の席に座った。
 そしてまた資料を眺めている。

「何の資料なの?」
「んー? 明日円卓会議だからね。その資料。明日は今年一年の方針を決めることになるから、色々とね。去年の農作物の状態がどうだったとか、他国との貿易収支はどうだったとか」
「へえ。そういえば毎年何か読んでいた気も」
「気も、なのね。ちゃんと毎年やってたわよ。まあ、アンタたちはもう大抵寝ちゃってる時間だったけど。これはちゃんとやらないとねえ。アスター神官様に怒られるから」
「……神官様に、怒られる……?」
「怒られるのよ。怖いわよー、アスター神官様」

 一国の女王を怒ることができるというのか。神官様は。
 カップを二つ、食卓に並べて花茶を注ぐ。

「ありがとう――うん、やっぱり花茶は年の初めのものが美味しいわね。すっきりしていて」
「そうだね。それに淹れ方がいいのよ、きっと」
「あらあら。言うじゃない」
「ふふふ」

 しばらく二人でのんびりお茶を味わう。
 ほのかに甘いモレの花茶が、じんわりと体に染みわたる。
-- 続きを読む --

category: 雑記 お試し引き継ぎ

thread: ワールドネバーランドシリーズ - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

「子供のままで 1」――生徒代表と私 

 

 成人して即「遊びに行こう」と言ってくれたのは、三年生の時によく声をかけてくれた先輩だった。

QUKRIA_SS_0081_20130221001959.jpeg

 でも先輩はイスカの乙女である従姉のハーティさんと付き合ってるんだよねとは思ったのだけれど。
 嫌いじゃないから、頷いた。
 出かけてもいいかなとは思ったから。
 先輩は、嬉しそうに笑うと、そのままいつものようにどこかへ走って行った。
 先輩はいつ見ても走っている。慌ただしい人だ。
-- 続きを読む --

category: 雑記 お試し引き継ぎ

thread: ワールドネバーランドシリーズ - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

231年終了時 

 

231.png
 
231年終了時。
なんかこの総括記録をつけるのが久しぶりすぎてですね……。
総人口154名。前年±0。10人誕生したので10人亡くなった。
10人も亡くなってたんだなあ。身内身近ばっかりだった気がするんだけどな。叔父3人亡くなったもんな。そしてその伴侶と。半分は身内だったっていう……。

Vup後危篤202名。平均寿命20.9歳(28歳除く)。内訳は

171819202122232425262728
2517263025151816191201
平均寿命はもう変わらんねえ。最近第三子授かる夫婦はちょーっと増えてきてる気がするんだが。
219年組で8代目の旦那ウィリーの妹エビー&ジェイラス二号夫妻に第三子が。エビーの兄達は19歳、22歳で導かれてしまったが、エビーがご長寿だった母ラファエラの血を受け継いだのかもしれない。
PCであるセリーナ自身も第六子妊娠が可能な状態なので、一応長寿血筋のセリーナが長生きをする可能性があるのかもしれない。第六子妊娠は今のところ気づいて即回避しているのだが……。

誕生は本当に多かった。元々人数の多い219年組が第二子出産の年だったからだ。
そこに220年組の夫婦が1組年末に滑り込んできた+初回の230年に第二子を妊娠し損ねた夫婦が妊娠したりもした。第二子は授かって欲しいので、良かったんだけどね。ちょーっと過密な感じで悩ましいな。

230年の我が娘ジークルーナからの誕生がVup3.0妊娠の子供達。見ての通り名前かぶりは皆無。その上、今までに出てきた名前も一つもない。Vup3.0効果が明確に出ている。

本当になんで2.0でこれができなかったのか不思議でしょうがない

後は顔がどうなるかだが……。なんとなくバラけてきた気がするという報告は頂いているのだが……。231年誕生の子供たちの顔に今からドキドキである。3cが生まれてくれば奇跡的だが……まあ奇跡は起きないから奇跡って言うんだよね。
そう、拍手で顔に関することでコメントをいただいているわけですが、それに関するレスは231年組の顔が判明してからさせていただきます。申し訳ない。

230年の子供たちは
男子が、6b3a→6a、2c5c→2c、5a6b→6b、6c6c→6c。
女子が、2b5c→2b、6a5b→6a、4c5c→4c。
なんという6系天国。男子全種類完備とか、個人的にウハウハです。

名前かぶりはなくなったが、今後もこの記録は続けていく予定。20年後くらいには、色の濃いセルの数がほとんどなくなっているのだろうか……。なくなったらなくなったで、たまにはかぶってもいいのにとか言い出しそうなのがなんとも。

category: 検証のような 国民人数増減&名前被り記録

tb: --   cm: 0

△top

231年下旬後編 

 

231年下旬後編。
再度かと思ったが下旬は初記録だった件。
前回はセリーナ最後の年の下旬の予定だったので、引き継ぎに迷い始めたこともあり書かないまま終わったのであった。
というわけでやはり通常営業な下旬後半。年のまとめなどもあるので前半よりは長め。

26日。

QUKRIA_SS_0010.jpg

「へいか、おはようございます!」
「おはよう。システィーナかしら?」
「はい! 今日学校おわったらどうするかなーって」
「あの子なら今日はまだ部屋であれこれしてるけど、すぐ出かけちゃうかもだから急いだ方がいいわ」
「ありがとう!」

毎日のようにやってくるなんて本当にシスティーナが好きなんだなあと思っていたら。

QUKRIA_SS_0012_20130220095411.jpeg

昨日の夜やってきたレオポルド君がまたやってきて城に入って行った。
もてもてだな……!

4bイケメンに本当にモテモテとかぐぬぬ以外のなにものでもないwwwww
-- 続きを読む --

category: 9代目セリーナ プレイ日記

thread: ワールドネバーランドシリーズ - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

231年下旬前編 

 

231年下旬再度の記録……なんだが前編w
なんか今回やけに長くなった……ので5日分割。今後もやっぱり5日ごとにしようかなあ。
5日ごとにしてもそうそう短くはならないと思うのだが、ある程度はコンパクトにした方が読みやすいかなと。後編もすでに書き終わってるので、明日即あげる予定。
そして内容の方は中旬で書いたように、もう工芸家嫡男イアサントを追いかけまわすのはやめているw
気が向いたらストークして確認すればいい。
というわけで通常営業な下旬前編。

21日。
白夜の日。

QUKRIA_SS_0928_20130220003547.jpg

「システィーナは二回目ね。覚えてる?」
「おっきいよねえ。強いし!」
「姉ちゃ、バグエルきょーかしょの絵と同じ?」
「教科書よりすごいよ!」
「そうなんだ! 楽しみ!」
「かっこいい? たのしみ?」
「ははは。ジークルーナちゃんは、お姉ちゃんたちの真似っコか」
「ふふふ。まだ起き上がったばかりだものね」
「今度絵本でも探してこようか。学校に借りられるものもあるんじゃないかな」
「そうね。城の書庫にもバグウェル描いた本はあると思うけれど、それじゃあ難しいわよね」
「それより今日ほんもの見ればいいんだよ!」
「――そうだね」
「確かに」
「実物に勝るものはないものなあ」
-- 続きを読む --

category: 9代目セリーナ プレイ日記

thread: ワールドネバーランドシリーズ - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

231年中旬再 

 

231年中旬再度の記録はまた簡易版で。
やってることが自由気ままな工芸家後継者イアサントの尾行かつイスカの乙女姪っ子ハーティとの会話調整という、なんとも不毛なことのみなので……。
最初に結論書いちゃうと、10日やってみてもうこの不毛な行為はやめることにした! 簡単に結果がでそうもないし、そうなってくるとどんどんプレイのモチベは下がるしと……。そんなこんな他ゲームに逃避したりしていて、プレイが進んでいない。
もうなるようにしかならんわー最悪の事態になりそうなときだけ対処しよう、結果次第でこの年の頭からガッツリ手を入れる方向でやり直そうということに決めた。

それと子供の顔決定に関する話だが、結局やっぱりよくわからなかったよという結論になっている。つまり予想がはずれたんですな。そんなに単純ではなかった。
単純ではなかったが、個人でたてた仮説の説明を記事の最後の方でしている。

というわけで簡易な231年中旬再度。

11日。

QUKRIA_SS_0861_20130213213941.jpeg

朝からデートに誘われる。
忙しいけど、誘われたら絶対断らない断れない。
-- 続きを読む --

category: 9代目セリーナ プレイ日記

thread: ワールドネバーランドシリーズ - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

拍手レス 

 

拍手でコメントをいただいたのでここでレスを。

2/6にミルクのレベルアップに関してコメントをくださった方!

なるほど!
ミルクの効果は3ステータスにランダム?で蓄積されて、1つのステータスに偏った?場合それが上がるということですね! 大人と同じように、多分ゲージがあるんですね。
子供時代花畑遠足のレベルアップや、ダロスのレベルアップもなんでしないのかなあと思っていたんですけどねえ。鍛え上げた子供PCだと多分しないのは当たり前ですなw
そう言えば赤子に対する「私があなたのお母さんorお父さんだよ」と「おつかれさま」だかを選んだ時に、3ステの上がりやすいのが決まる?とかいう話を前にどこかで見たような……。
まったくあがらない時は均等にミルクが蓄積されてるのかなあ……。

コメントありがとうございました!
すっきりしました!

category: その他

tb: --   cm: 0

△top

231年上旬再 

 

231年上旬再。
通常形式の記録にするつもりではあったが、やはり再度なのでざっくり目に。

1日。
今日はフリオニールの入学式。
式の後、市場にいったフリオニールはイムの根を持っていた。

QUKRIA_SS_0689_20130206172713.jpeg

「あら。さっそく訓練なんかするの?」
「父ちゃも母ちゃも足速いんだもん。追いつくために訓練するんだよ!」
「あらあら。それなら頑張らないとね。マクシムくんもいつ見ても走ってるものねえ。人の事は言えないけど」
「兄ちゃとマリレーナ姉ちゃはのんびり歩いてくれるのに……」
「ふふふ。でもいつか追いつけるくらいになってくれると嬉しいわ」
「がんばる」
-- 続きを読む --

category: 9代目セリーナ プレイ日記

thread: ワールドネバーランドシリーズ - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

230年下旬再 

 

230年下旬の記録再度。

QUKRIA_SS_0610_20130205083518.jpeg

朝から次女が初デートに誘われる光景。
今回次女は4bレオポルドではなく、彼バイロンと仲がいいらしい。
バイロンは何かしらんが毎朝のように居室まで突撃してくる。
コイツがまた4bで、ぐぬぬっていうね。

QUKRIA_SS_0645_20130205083737.jpeg

これは別の日の朝の会話だが、ギローさんってウチですよね、ええわかります。
ちなみにもうシスティーナはダッシュで学校の裏に走って行ったけどな。
子供のおともだちセンサーは大人に比べて精度が悪い。最初のSSで娘をデートに誘った後、バイロンは居室に向かっている。おそらく、おともだち(システィーナ)とおしゃべりするために。
もう話しただろwwwwww
SSは撮り損ねたが、朝城の庭園に出たところで、バイロンとシスティーナが会話になった。

バイロン「どこに行くの~?」
システィーナ「フェイバーさんの家だよ~!」

会話後バイロンはそのまま居室に入って行った。システィーナはフェイバーさんの家に走って行った。
バイロンはシスティーナと話すために居室に行ったのだろう。システィーナが向かっているフェイバーさんの家はおそらくバイロン・フェイバー君の家だろう。
君達もうおしゃべりしてるよねwwwwwww

ちなみに初回にベッタリだったレオポルドは仲良くなってないのかと思いきや、この下旬にやはり居室に突撃してきた。
4bイケメン2人にモテモテな次女。ぐぬぬw PCで4bと結婚してもOKと思えるようになるのはいつの日か。
-- 続きを読む --

category: 9代目セリーナ プレイ日記

thread: ワールドネバーランドシリーズ - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

230年中旬再 

 

230年中旬再度の記録。

QUKRIA_SS_0582_20130202223739.jpeg

彼にこの挨拶をしてもらうために、229年中に一度だけデートの先導を調整した。
ネストールとリンダはまとまるのはほぼ確実だったが、段階は遅々として進まず。ネストールは230年にマリレーナやイスカの乙女とデートをしたりしていた。しかも何度か繰り返した際に一度だけマリレーナと両想いになりデートロックがかかったことさえあった。3a女子のリンダが残るとかちょっと……。
しかも優柔不断(--/--/-)とか明らかにダメだろ。

QUKRIA_SS_0583_20130202224052.jpeg

式の直後に娘に「ありがとう」という父。
彼が亡くなるのはこの年の下旬。娘の式でなんとしても挨拶をして欲しかった。
孫の顔を見ることはできなくとも。

それにしても1c男子壮年髭超渋いと思わないか……。ダンディすぎる。
彼が亡くなることで1c男子もとい1cが完全に死滅するのだがな。
-- 続きを読む --

category: 9代目セリーナ プレイ日記

thread: ワールドネバーランドシリーズ - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

230年上旬再 

 

引き継ぎにかかわる第五子妊娠関係のループ完了。
229年末までは殆ど周辺事情が変わっていないので記録せず。
230年からざっくり目に新しく記録していこうと思う。230年をプレイするのはそのまま9代目セリーナ。これからまたしばらくセリーナでのプレイが続いて行く。

230年年始。第二子長女マリレーナが成人。
今年の記録は最終的に彼女の結婚相手がどう変化していくかの記録になる。
前年229年14日から再プレイをしているので、若干人間関係が変化している。仲の良さが変わっている模様。まあ、長女は相変わらず友達男ばっかりで、女友達少ないのはまるっきり変わらなかったわけだが。

この年の2日、長女たち同級生の恋愛を左右する過去2回のプレイとは大きな違いがあった。

QUKRIA_SS_0516_20130201230353.jpeg

セリーナの弟ジェラールの長女。
常に先導を相手に譲らない魔性のビッチ姪っ子ハーティの乙女就任である。

過去、イスカの乙女になったのは毎回違う娘だった。一度だけ最初にセーブをせずに新成人の動向を軽くプレイした際に、こうなったことがあった。なので可能性は皆無ではなかった。
今回のプレイでは久しぶりにこうなった。
なるべく身内の神職就任は回避したい気分なのだが、今回はこの台風娘が乙女になることでどんな変化があるのか大変興味があったため続行することにした。どうせ、この娘は今年あぶれても来年でどうにかしてくるだろう。男が切れることは絶対にないと思われる。
むしろ常に乙女になっていた娘の方が、余裕で一年間恋人欄空欄という有様をやってのけるので、彼女の売れ残りを回避するためにも、この方がよいと思われた。

結果的にだいたいもくろみ通りにいっているというか……うーん……。

10日終了時点の人間関係がこうだ。

230-2.png

相変わらずハーティが華麗に3股。ただし、今回彼女はやはり乙女という職についているからか、デートの回数が格段に減っている。最初ハーティとケンジーが両想いだった。一度デートしており、これは驚いたことにケンジーが先導している。
ジェイラスとも一度デートをしているが、ここは通常営業だった。
デートをしているのはそれくらいで、やはり基本的に乙女の仕事をまっとうしている模様。

娘マリレーナは当初先輩ネストール(トム&ルイーサ夫妻の長男)が本命だったが、即別れた。今回はネストールと彼の恋人リンダのデートを中の人が調整していたのだ。いつかは絶対まとまる2人ではあったが、ペースがのんびり、まとまるのが231年が常だったが、今回は230年中にまとまるように229年中一度だけ先導の調整を行った。それもこれも、リンダの両親が父は230年末、母が231年頭に亡くなってしまうからだ。娘の結婚式を見てから導かれて欲しい――その想いで調整を行った。結果、一度の調整後は順調にデートを重ね、ネストールとリンダは230年年始早々に婚約し11日に結婚式をあげることになる。

そしてマリレーナは結果的にいつも通りのウィリアムと両想いに。
ウィリアムはウィリアムで当初は先輩イヴリンと両想いでデートも既にしているが先導がイヴリンだった模様。次の日にマリレーナとデートをしこちらはウィリアムが先導になったらしく、両想いに。10日終了時点では、マリレーナとのデートは2回、どちらもウィリアムが先導している。

リオネルは230年マリレーナプレイの状況からしてこうなることは織り込み済み。一度だけデートしているが、リオネルが先導したため、本命変わらず。今後他の相手とも付き合いだすかもしれないがそこは未知数。230年マリレーナプレイではハーティとも付き合いだすが、今回は彼女が乙女になっているためそうならない可能性も。

エティは乙女だった場合は余裕で本命欄空欄で一年を終える。しかし今回は神職という枷がなくなったため、10日近くなって本命欄に名前が。諸事情で一度8日からやり直しているが、最初はウィリアムが本命欄に、やり直した状態が今の本命欄だ。そのためおそらくウィリアムとも「遊びに」とは既に言い合っているだろうという予想。

左下享楽的といむっぽいはなんか相性がいいっぽく……。ハーティが乙女になっていることもあり地道にやって、このまままとまるのではなかろうか。ジェイラスの本命最初はいつも通りハーティだったんだけどね。

今後は特に何も手を入れるつもりはない。マリレーナがウィリアムと結ばれようが、リオネルに心がわりしようがどちらでもいい。どっちもいい奴だったから。どうせそのうちケンジーもからんでくる。王族故に神職無縁のため売れ残ることもないだろう。
エティがしっかり誰かしらとまとまってくれるといいなと思っているが、来年になれば親しい後輩が成人してくるのでそれ待ちでもいいかな。神職でなければ。

なんだかんだ娘次第であれこれ変わりそうな感じではあるね……。





そしてPCセリーナ自身は

QUKRIA_SS_0554.jpeg

第五子を9日に生んだ。
名前は歴代からすると派手というかなんというかになったが……。
現状この娘が10代目。彼女が入学する233年に引き継ぎを行う予定だ。





というわけで今回は既に記録済みの230年との違いをすり合わせていく記録。
娘が結ばれる相手が変わる可能性&他新成人もおそらく組み合わせが変わってくる可能性が高い。そこの違いは一応記録しておきたいという感じ。
中旬も同じようにざっくりとしたしかし文章だけは多い感じでの記録になると思われる。
231年の再度の記録より、通常形態に戻る予定。

category: 9代目セリーナ プレイ日記

thread: ワールドネバーランドシリーズ - janre: ゲーム

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。