スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

初代ユマ【141年~153年末】 

 




初代ユマ。赤毛の短髪の女の子が好きなのでこうなった。
当初SSを撮るということをまったく必要としていなかったので、初期PCはSSが少ない。
SS撮るのに目覚めたのは、長女がいつの間にか優等生になっており、劇に出演した時だった。
以後SSを撮るようになったが初代のSSフォルダはヒドイ。どうヒドイかは別の記事で書く。
12年このPCでプレイしたのでキス魔、デートの実績は余裕で取った。引き継ぎの時期に迷っていたからではあるが。

生涯農場員で農場長として過ごした。1年だけ農場長を明け渡した時以外は、NPC化しても亡くなるその年まで農場長だった。
最後の年にしようと決めた時に、年間業績の実績もとったので



こういうことになっている。
この後3年農場長だったので最終的には最高記録はここにプラス15000ほどされて、当然未だにやぶられていない。



2代目で撮った最終ステ。多分旦那とデートしてる状態で撮ったから右下のアイコンがついてるんだと思う。
通算1戦0勝なのは「よし親衛隊員になろう」と思って選抜戦に出たからだ。
そのためにステを鍛えて、最終的に赤黒い塊でブーストした。まあ負けてるわけだが。
その理由は後述する。

初期移民は20~24が寿命に設定されていたようで、例にもれず24歳の年、158年13日に永眠。白髪になるまで生きていて欲しかったので凄くショックだった記憶がある。



初代の旦那。住民台帳見て独身のイケメンは彼と4c、5bがいたが、彼を選んだ。
正直5bは紫プレートになるくらいの感じだったが、その時は紫プレートの意味がよくわからなかった。
彼を選んだのは【この国に家族がいるから】が一番の理由だったと思う。お父さんとお母さんがいる現地民。
その系図に連なりたいと思った。そこまで積極的に好みの顔というわけではなかったのだが。
だが、後にも先にも今思えば初代旦那である彼が一番本当に大好きだ。特に性格がいい。
優しさ+の口調がいい。僕で語尾はのばさず、名前にちゃん付け。
色々あったが本当におだやかにユマを見守ってくれていた人だと思う。
元の名前はロブ・ベッソン。最初はその家に嫁に入ろうと思ったが、家名を捨てるのが惜しくなりプロポーズした。
妹と弟(PCと結婚してから弟ができた)がいるが、妹が家名を継いだが、その後残ることがなかったのが残念。

そういえば付き合い始める前、友人状態の時、臭い状態になっている彼と話したことがある。
まだはじめたばかりで「ごふっ」という選択肢が珍しくつい選んでしまったのだが、一気に友人から知人に降格w その上直後にシズニの神官になるという出来事が重なった。神官になると友人でなくなるのか、結婚できなくなるのかと慌てた自分は、動揺してリセットした。リセットした後、神官の継承は他の人物に行き、再び話しかけ続けて友人まで戻したという。



今まさに召される時の最終ステ。
選抜戦を勝ち抜いて親衛隊員になった。母と妹はアスターの資質を持っていて、特に妹はバリバリ訓練をしていたから影響されたのだろうか。
どうした偶然か、その親衛隊選抜戦第一回戦。その相手がユマだった。相手が旦那だったときは本当にビックリした。
ステは完全に上回っていたが、彼が出てきたときにもう勝つ気が無くなった。そして順調に勝ち抜いて選抜戦で優勝したが以後、親衛隊に欠員が出てもなぜか選ばれることがなかった。
赤子がいることが多かったから置き去りにいつも怯えていたが、選ばれない。それもそのはずで、ユマが農場代表だったからだ。
それを知ったある年、ある出来事が先に起こることがわかっていたため、ユマは農場仕事をすべて放棄して翌年農場員を辞めた。
その年の2日。欠員が出て、旦那が晴れて親衛隊員になった。
旦那が親衛隊員になったらあとは容赦なく農場長に返り咲き。旦那が親衛隊長になったユマの晩年約3年、国の方針決定権の半分を2人で握ってた。
ステは親衛隊になった後、ユマと2代目で訓練アイテムを貢ぎまくり底上げした。
奥義はドラゴンブレードとドラゴンフォースはユマが、ドラゴンファングは2代目で伝授した。
結果、勇者決定戦で2回優勝することになる。因縁の相手には1度届かなかった。
もっと早く親衛隊員になれない理由に気づけば、因縁の相手と戦うこともあったのかもしれない。

何気なくある年突然料理大会に出場して酒場の主になったりもしている。

初期国民だったので父母同様に28歳まで生き、ユマから遅れること4年で大往生。他にももっと生きてる人もいたのでご長寿さんではなかった。いい時代だ。

こう言ってはなんだが、6aは壮年グラが本当に心の底からカッコいいと思う。むしろ壮年がいい。壮年になって惚れ直した。
そんなこともありデートのSSは壮年になってからのものばかりだっていう。

そんなわけで今でも男キャラで最愛の顔グラは6aだ。他の顔グラは1度結婚すればいいかなと思うが、このグラが結婚相手の範囲にいたら即候補入り間違いない。
今のところ2代目の時に1人縁があっただけで、同じ世代にいなくて哀しいのだが。

やっぱり初代PC夫婦は特別だ。今でも大好きだ。
12歳時のSSはどういうわけかとってあった一番古いデータを起動したら、こんな状態だったので改めて撮ったものだ。
思わずウキウキとデートの約束とかして、はじめて若い顔グラのデートSSを3カ所とも記録とかやらかしている。
スポンサーサイト

category: 初代ユマ 基本情報

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。